花粉情報2016の予測は西高東低?飛散開始時期や飛散量は?

*公開日: 

「早めに知ったからってどうなるものではない!」…
って言っちゃったら元も子もない”花粉情報2016”です。

だって、花粉症のことを考えたら”憂うつ”以外の
言葉が見つかりません…私も発症者です。。。

今ならその憂うつさが十分わかるのですが、かつては
「”花粉症?” かかってみたい!」なんて思ってた
我が身が恥ずかしく、切り取って”家庭ゴミの日”に
でも出して燃やしたいくらいです。

「花粉症にかからないと現代人じゃない!」なんて
思って、憧れてたのかもしれません…アホです、私。。。

スポンサードリンク


花粉情報2016を大胆予測|花粉の飛散は西高東低?

花粉情報2016が早くも発表されてますが
ご存知でしょうか?

2016 花粉飛散開始時期
2015年との比較では
「前年並み(日本全体)」という感じのようです。

でもあなたも私も、知りたいのは「全国平均」
ではないですよね。

「自分ところはどうなんだ?」「早く教えろ!!」
という声が聞こえてきます。。。

その件は、次の章で「地域別」に触れていきますので、
もう少しだけお付き合い下さい。m(__)m


ご推察のとおり…、
日本全国が前年並みではありません。
ざっくり言ったら…”西高東低(個人の感想です)”
という感じです。

具体的には、「九州」と「東海地方」は去年以上
覚悟した方が良さそうです。

次の「やや多い」が、
「山陰地方」と「関東北部」かなという感じです。


花粉情報2016での花粉の飛散開始時期や飛散量は?

花粉情報2016が伝える花粉の飛散開始時期ですが、
温暖化の影響もあってか、西日本・東日本では
「例年より早い」という見込みになっており、
北日本だけが「例年並み」との予測です。

問題の花粉飛散量ですが、
地域別の予測は以下のとおりです。

2016 花粉飛散量(前年比)
「北九州」と「愛知」が去年の2倍と非常に多く、
その周辺も注意が必要でしょう。

このことを称して「西高東低」と表現しました。

北日本に関してひと言。。。
花粉の飛散開始時期は「例年並み」となってますが、
飛散量をみると、去年と比べれば少ないが、例年と
比べると「多い」という予測になっています。

したがって、北海道を除く東北各地に関しても、
花粉の飛散量では注意が必要と言わざるを得ません。


スポンサードリンク


花粉情報2016眼の症状は初期療法で軽減できる?

2016年の花粉の飛散開始時期と飛散量に関しては
イメージいただけましたでしょうか。

飛散量が少なそうだからといって、あなたの花粉症が
軽く済むかどうかは”神のみぞ知る”…です。

例年通りの対策は考えておいたほうが良いと思います。

ところで花粉症対策で、
”初期療法”って聞いたことあります?

主に目に関する花粉症対策にあたるんですが、
早めの対策が症状の軽減に効果があるようですよ♪

【初期療法の流れ】

1)年が明けたら眼科を受診し
「抗アレルギー点眼薬」を出してもらう
2)花粉飛散情報や少しでも花粉の症状が出たら
(1)の点眼薬(目薬)を開始する
3)効果があったとしても、花粉シーズン終了まで
点眼を続ける

【初期療法のメリット】

1)発症時期を遅らせる
2)アレルギー症状が軽減する

・・・が期待できるようですよ♪

>>【花粉症とオサラバしたい人必読!】十年来の花粉症が治っちゃった!!


花粉情報2016・・・まとめ

今年もつらい季節がやってきます。

花粉の飛散開始時期や飛散量に変化があったとしても
あなたや私の症状が軽く済むかどうかは別問題。

少なくとも目に関しては”初期療法”をとれば
症状を軽減できる可能性が見えてきました。

さまざまな花粉症状がある中で、一つでも軽減が
可能なら、対策しておいたほうが良いのかな…と
思いました。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑