2016年選抜高校野球大会21世紀枠3校はどちらに【1】

*公開日: 

3月20日から開催される第88回選抜高校野球大会の
「高校野球21世紀枠」の候補校が決定しました。

一般選考では29校に絞られましたが、今回9校に絞られ、
全て初の候補校となりました。

甲子園球場
来る1月29日にはさらにこの9校から3校に絞られ
出場校が選考されることになります。

その9校にスポットを当ててみます。

スポンサードリンク


2016年選抜高校野球大会21世紀枠候補(東日本地区)

*北海道札幌清田高等学校(男女共学)

秋季高校野球の成績:北海道大会ベスト4

・道大会では足を使った攻撃でベスト4まで進出できました。

・「足」を使った攻撃力が特長です。

・また、同校出身者にはなぜか漫画家が多いという
 ユニークな学校でもあります。

*岩手県立釜石高等学校(男女共学)

秋季高校野球の成績:県大会準優勝、東北大会初戦敗退

・被災地にある高校で部員不足なんかを乗り越えて
 見事に東北大会出場を果たすまでになった。

・県大会では初戦コールド負け後、敗者復活戦で
 準優勝まで勝ち上がってきた。

・秋季東北大会では強豪東北と延長12回まで戦い
 惜しくも1点差で敗れる。

・チームのモットーは「考える野球」

*埼玉県立上尾高等学校(男女共学)

秋季高校野球の成績:県大会ベスト8

・春の選抜と夏の甲子園大会を合わせて7回の出場経験あり。
 1975年夏の大会では4強入りを果たしている。

・県内有数の進学校であり「文武不岐(わかたず)」の下で
 文武両道を実践して公立高校として唯一ベスト8を果たした。

・障害のある人と交流する「ふれあい野球教室」に参加するなど
 社会貢献にも積極的に取り組んでる学校です。


スポンサードリンク


2016年選抜高校野球大会21世紀枠候補(西日本地区)

*島根県立出雲高等学校(男女共学)

秋季高校野球の成績:県大会3位、中国大会ベスト8

・文武両道で国立大学に多数の合格者を出す部員が多い。
練習時間が短い中(平日の練習時間は2時間)好成績をあげた。

・「走打連携」を旗印に、走塁に重点を置いたチーム作り。

・吹奏楽部、囲碁・将棋部、合唱部なども全国大会に出場するなど
文化部の健闘も目立つ。

・話題のテニスプレーヤー錦織選手(世界ランク7位)は松江市出身。
開催中の全豪オープンでは、ベスト4をかけ、世界ランク1位の
ジョコビッチ(セルビア)と戦う。

・目立たない県と言われがちだが、センバツ出場の機会を得て、
錦織選手にあやかって、暴れ回りたいところ。。。

*兵庫県立長田高等学校(男女共学)

秋季高校野球の成績:県大会ベスト8

・学校のある神戸市長田区は1995年の阪神大震災で
 大きな被害を受けた場所です。

・定時制の長田商と通信制の青雲が併設されているため、
 練習は平日の午後6時半までしかできないというハンデ。

・メモ帳と筆記用具を常に準備し、気づいたことを指摘し合い、
「下半身を使う」「捕球の姿勢に注意」等、運動部とは
 思えない取り組みも。。。

・エースの園田涼輔らほとんどの部員が塾へも通う進学校。


2016年選抜高校野球大会21世紀枠・・・まとめ

すべては1月29日の決定待ちですが、
座席は3つしかありません。

野球の強さだけではない選考基準がどうはたらくか?
特長の多いところが有利なのか?

29日の15時にその結果がわかります。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑