お食い初めの献立と食べさせる順番|石は代わりの物か通販で!

*公開日: 

baby_okuizome

お食い初めは、子どもが
一生食べ物に困らないようにと願って行う儀式です。

お食い初めでは、
赤ちゃんに食べ物を食べさせるマネをします。

地域によってやり方は様々ですが、
一般的な献立や食べさせる順などをまとめました。

また、歯固めの石についてもお伝えします。

スポンサードリンク


お食い初めを自宅でする際の献立とそれぞれの意味

お食い初めは、生後100日目のお祝いですが、
地域によって110日目、120日目に行われる所もあります。

子供が一生涯食べることに困らないようにと
願いを込めて、赤ちゃんに食事をさせるマネをします。

自宅でお食い初めをする際の
一般的な献立をご紹介していきます。

お食い初めの献立は、一汁三菜が基本となります。

*尾頭付きの魚
鯛が一般的ですが、あらかじめ魚屋さんやスーパーの
魚コーナーで「お食い初め用に焼いて欲しい」と
予約しておくといいでしょう。

*赤 飯
地域によっては、白いご飯、
栗ごはんなどを用意するところもあります。

*お吸い物
吸う力が強くなるようにという意味があります。
具を”はまぐり”にすると、「良い伴侶に巡り
会えるように」という願いが込められます。

季節により具は、
たけのこやキノコ類など応用できます。

*煮 物
季節の野菜を用います。
・れんこん・・・先を見通す力がつくように
・里いも・・・・子だくさんに恵まれるように
・たけのこ・・・まっすぐに育つように
などの願いが込められています。

*香の物・酢の物
・漬物
・紅白なますやきゅうりの酢の物など

*歯固め石(福石)と梅干し
・福石・・・・丈夫な歯になるように
・梅干し・・・しわしわになるまで長生きするように
という意味があります。

*紅白のお餅
本格的には、
二の膳として紅白のお餅5つを添えます。


このような献立を
漆器の食器に入れるのが正式な形になります。
最近では、漆器の代わりにベビー用食器で代用する人も
多く、実用的で現代的なお食い初めになってきています。


お食い初めで赤ちゃんに料理を食べさせる順番

お食い初めの儀式では、
養親が赤ちゃんに食べさせるマネをします。

養親は、祖父母などの年長者(長寿の人)になりますが
これも長寿にあやかるという意味があります。

男の子なら男性が、女の子なら女性が赤ちゃんを
ひざにかかえて行うのが一般的な習わしです。

現代では両親だけという場合も多いので、
これにこだわる必要はありません。
両親だけでも、記念になる
満足いくお食い初めにするとよいと思います。

赤ちゃんに食べさせるマネをする順番についてです。

<赤飯>→<吸物>→<赤飯>→<鯛>→<赤飯>
→<吸物>→<赤飯>→<煮物>→<赤飯>→<吸物>
→<赤飯>→<酢物><赤飯>→<吸物>→<赤飯>
→<歯固め石>→<赤飯>→<吸物>→<赤飯>

箸で食べ物を赤ちゃんの口に持って行き、
食べさせるマネをします。
また、箸を歯固め石に触れて
その箸を赤ちゃんの歯茎にあてます。

この時に丈夫な歯が生えるようにお願いします。

最近では、お食い初めの順番には、
あまりこだわらないというご家庭が増えています。

いずれにしても、お食い初めは赤ちゃんが主役です。
赤ちゃんの様子を見ながら、お祝いをしましょう。


スポンサードリンク


お食い初めには石の代わりも有り!販売もされてる?

お食い初めに必要な小石は、「小石を噛んでも
大丈夫なくらい丈夫な歯が生えるように」という
願いが込められています。

ただし、地域により石を使わない所もあります。
関西地方では、タコを用いる地域があります。


お宮参りに行った神社で、
お食い初めに使うお箸と石を頂ける場合もあります。

石がない時にどうするのか、
石の代わりにするものについてもお伝えします。

*神社の境内で、人の足に踏まれない場所から
小石を拾ってお借りします。
洗ってお食い初めで使い、
終わったら元の場所にお返しします。

*地域によっては、
河原の小石を拾って用いる所があります。

自分たちで石を用意する場合には、双方の祖父母や
詳しい人に確認した方がいいでしょう。

*通販で、「歯固めの石」が販売されています。
石を使いたいならば、
通販でそろえるという方法もあります。

  ↓   ↓


*石の代わりに固い栗の実やタコを使います。
関西地方ではタコをお食い初めに用いる所があります。

「固いタコでも食べられる丈夫な歯になるように」と
「多幸」という意味を込めてタコを使います。


一汁三菜以外に小石など固いものをお皿に載せて並べます。


お食い初め・・・まとめ

赤ちゃんのお食い初めについてお伝えしました。

お食い初めは、赤ちゃんをお祝いする気持ちで、
あまり堅苦しく考えずに現代風に行う
家庭が増えているようです。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑