HDDのパーテーション分割|Cドライブだけ→Dドライブを作成

*公開日: 

前回予告しましたように、今日の記事はパソコンHDDのパーテーション分割作業記事になります。

対象のパソコンはコレ ↓↓↓

メーカー:Acer(台湾)ノートPC
Windows 10 Home(重量:2.4Kg)
Intel コア i3-5005U デュアルコア 2 GHz
メモリ:4 GB, DDR3L SDRAM
HDD:500 GB

ところが、手にして落ち着いてみていたら、HDDが「C-ドライブ」だけだったので、慌てて「パーテーション分割の方法」をネットで調べてた・・・というところまでお話しました。

今日は、調べた方法を実践した報告になります。

スポンサードリンク


Windows内蔵の機能で行くかフリーソフトでいくか?

結論から申し上げますと「パーテーション分割」はできました。
(画面をスマホで撮ったので荒いですが・・・)

KIMG0712-12
ネットで調べて分かったことがあります。
パーテーション分割のやり方には2つの方法があります。
(私・管理人の理解)


A)Windowsにもともと入っている機能(ソフト)を使う

B)フリーソフトの力を借りて分割を実現する

私は(B)を選択しました。

決定的な理由としては、ネット上で調べた分割方法をチェックしてて、(A)の方法だと、パソコンが分割容量(サイズ?)を決める…的な表現があったんですね。

今回のミッションは「D-ドライブ」を作ることにはあったんですが、私の中のイメージとしては「C-ドライブ」の容量は100GB、残りは「D-ドライブへ」という計画というか、思い込みみたいなものがあって、これを決められないというので対象から外したんです。

人によっては、100GBもいらないというかと思いますが、日々ダウンロードなんかしてると、ついうっかりで「C-ドライブ」に勝手に入ることがあるんですね。

これは私の事情なので、「C-ドライブ」の容量をいくらにするかは、あなたの判断にお任せします。


では次の章で、HDD「パーテーション分割」に使ったフリーソフトと、その作業内容をお伝えしていきます。


スポンサードリンク


フリーソフトでパーテーションを分割

今回のパーテーション分割に使ったフリーソフトがコチラ ↓↓↓
(画像クリックで移動します)

EaseUS Partition Master

製品版もあるようですが私は「無料版」で実現できました。

この「EaseUS Partition Master」のおかげで、自分が思うようなパーテーション分割ができたのです。

C → D ドライブ

※こういったソフトにありがちな、ダウンロードのやり方や解凍の仕方等につきましては、画面上の指示に従って操作するか、あるいはそれぞれの方法をネットで検索されてください・・・悪しからず。


「EaseUS Partition Master」を起動させた以降の作業の流れです。

KIMG0711

KIMG0712-1

KIMG0713-1

KIMG0714-1

KIMG0715-1

KIMG0717-8-9

KIMG0721-1

KIMG0722

KIMG0723

KIMG0724

KIMG0725

KIMG0726

KIMG0727

・・・で、↓ ↓ までたどり着きました。

KIMG0712-12


HDDのパーテーション分割・・・まとめ

えらい画像だらけで長くなりましたが、逆に言えば、このとおりになぞってもらえば、HDD「パーテーションの分割」はスムーズに行くはずです。

また今回お世話になったフリーソフトの「EaseUS Partition Master」ですが、パーテーションの分割のみならず、パーティションの拡張、作成、消去、コピー、フォーマットなども併せ持った”優れもの”であることを申し添えておきます。

ホント、助かりました「EaseUS Partition Master」さん。。。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑