子供用水筒の選び方はいろいろ|容量を考え、洗い方にも注意!

*公開日: 

273 257


お子さんが春から幼稚園というお家では
準備品から名前付けまで、用意するものがたくさんあって大変ですね。

中には「水筒」のように、各自で”自由に購入”して準備してくださいというものもあります。こういうのが困るんですよね。

実際、準備物の中に”水筒”が指定されてる幼稚園があります。

なので、幼稚園に持たせる水筒で
お悩みのママも多いかもしれないですね。

子供が持つ水筒は、どういうものを選べばよいのか、ポイントをまとめました。

スポンサードリンク


子供用水筒の選び方|素材や飲み口

子供用の水筒は、素材や飲み口の形態、
容量など種類もいろいろあって迷ってしまうと思います。

そこで、子供用の水筒の選び方の参考になるように、まずはどんなタイプの水筒があるのかをご紹介していきます。

※幼稚園によっては、禁止されている水筒もあるので、まずは入園する幼稚園に確認をしてみてくださいね。

<素材で比較>

*プラスチック
・軽くて持ち運びが楽です。
・子供が喜びそうなキャラクターものが豊富にあります。
・価格は安いです。

難点は、保冷・保温の機能がないこと、
落としたりすると、壊れやすいことです。

*ステンレス
・保冷・保温の機能があります。
暑い時には冷たい飲み物を、寒い時は温かいまま飲むことができます。
・丈夫なので、壊れにくいという長所があります。

難点は、プラスチックに比べて重いことと、
キャラクターものの種類は少ないようです。
価格は高いです。

<飲み口の形態>

*ストロータイプ
・小さな子供でも飲みやすく倒してもこぼれにくいです。
・難点は、パーツが細かいので洗ったり除菌に手間がかかります。

*直飲みタイプ
・ダイレクトに飲むことができます。
・パーツも少ないのでお手入れも楽です。

*コップタイプ
・コップに注いで飲むので、衛生的です。
・ふたを開けて注ぐことになるので
手間がかかることや、こぼしやすいことが難点です。

※ストロータイプ・直飲みタイプは、
飲み物に唾液が逆流する可能性があり、
衛生面からNGにする幼稚園がありますのでご確認ください。

*2WAYタイプ
・コップタイプと直飲みタイプの2通りの使い方ができるものです。


子供用水筒の選び方で幼稚園児の容量はどれくらい?

ほかに、子供の水筒を選ぶ際に気になるのが、
容量をどれくらいのものにしたらよいかだと思います。

幼稚園児の場合、400~800ml位を目安にするとよいと思います。


さて、ここまで、子供の水筒の素材や飲み口の長所・短所をお伝えしてきましたが、卒園するまで1つの水筒ですませるのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

仮にプラスチックの水筒を選ばれた場合、ステンレスの水筒に買い換えをするかあるいは買い足すということを、考えておいた方がよいと思います。

暑い夏になったら、保冷できるステンレスの水筒は必要になってくるのではないでしょうか。

また最近のステンレスの水筒はかなり軽量にできているとはいえ、年少さんの場合、容量の大きい水筒を持って行くのは無理のような・・・

この場合も買い換える必要がでてきますよね。


どこにポイントを置くかということはママさん次第ですが、私からアドバイスするなら、「カンペキを目指さない」でしょうか。

途中、買い替えがあるくらいの想定で、
始めはお子さんが気に入って使いやすい水筒を選んであげて下さい。


スポンサードリンク


子供用水筒の洗い方でステンレス製の場合は要注意

子供の水筒は毎日使うものですので
使い終わったら、その日のうちに洗ってよく乾燥させましょう。

ここでは、取り扱いに注意が必要な
ステンレスの水筒の洗い方について詳しくお伝えします。


*使用後は、食器用の中性洗剤を含ませたスポンジやボトルブラシでキレイに洗います。 流水で良くすすいだあと、十分に乾燥させます。

*飲み物の成分が残ったままだと、ニオイ移りや雑菌が繁殖したり、ステンレス鋼がサビたりしますので要注意です。

*キャップユニットやパッキンなど外せるものは外して洗います。

*ストロー部分は、ストローブラシを使います。

※いずれも洗い終わったらよく乾燥させましょう。


<本体の内側が茶渋で汚れたり、ニオイが気になる時>

*酸素系漂白剤をよく溶かしたぬるま湯を本体に入れます。
約30分そのままおき、よくすすぎます。

*酸素漂白剤を入れた時は、中せんやコップで密封しないで下さい。
(本体の内圧が上がり、中せん、コップが飛び出すことがあります)

*パッキンには塩素系漂白剤を使用します。
(酸素系漂白剤はパッキンや樹脂部品を傷めます)

※本体(ステンレス)には酸素系漂白剤を使用
※パッキンには塩素系漂白剤を使用

・・・お間違えないように!

ステンレス専用の洗剤を販売しているメーカーもあります。


初めての幼稚園、水筒の選び方・・・まとめ

幼稚園が初めてのお子さんに持たせる”水筒”。。。

水筒の素材や、さまざまな形状の飲み口。
はては、保冷・保温機能付きにするか~しないか?

ステンレス式にすると”洗い方”にも注意が必要…。

水筒ひとつでも悩みどころ満載ですね。


途中でも触れましたが、「カンペキ」は一旦目をつむり、主役であるお子さんが喜んで使ってくれそうな物でゴーでも良いのではないでしょうか。

だって、家族以外の団体の中に初めて入って行くわけですから・・・
相当なストレスだと思いますよ。

早く幼稚園に馴染んでくれるといいですね。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑