東日本大震災から丸五年|緊急地震速報~即地震~津波も!

*公開日: 

3月に入って、間もなく3.11・・・
「東日本大震災」が起きてから丸五年たち、6年目に入ろうとしています。

5年間で被災地はどのくらい復旧出来たのでしょうか?

あの日を境に、生活が一変してしまった人たちが、被災地にはたくさんいらっしゃいます。いまだに傷跡を引きずっている人もいるはずです。

そのことを、これから先も思い起こす日として、「3.11」を忘れないで欲しいと思います。被災地の復興を気にかけて欲しいと思います。

スポンサードリンク


東日本大震災から丸五年|吐き出して前に進もう!

仙台在住の私も、東日本大震災をまさに体験しましたが、家族や職場、身近な関係者の中に深刻な被災者はいません。

なので、見聞きした範囲内での震災経験を書くことに、気おくれがするのですが、”この先東北にもう大地震は起こらない”とは、誰も保証はできないわけです。

深刻じゃない”記録”だったとしても、もしコレを読んで、「もっと大変だったよ」という声があがるきっかけにでもなればいいのかな…と。


私も東北の人間なので…、
多分胸の中にいろんな事をしまっている人がほとんどなのでは…と思っています。声に出してというか、伝わるように表現するのが苦手な人が多いのだと思います。どっちかというと、つい知らず知らず我慢してしまう…みたいな。

だから私のような者が甘ちょろい体験を語ることで、もっと深刻な人が割り込んでくれればという期待も含んでいます。


緊急地震速報のあと即東日本大震災に激変した日

3月に入っても、東北では当たり前のように雪の日があります。

あの日「3.11」もみぞれ状態の雪の日、金曜日の午後でした。
あの頃はケータイを通じて「緊急地震速報」ひんぱんにあったような気がします。

実際、2-3日前のお昼ころにも緊急地震速報が鳴ったのを覚えています。

そして「3.11」。
あの時は「またかよ!」程度にしか考えていませんでした。

ところが、「今回のは長いな~」「もう、終わってよ!」と思ってた矢先、終わるどころか、第2波、さっきのよりもっと強烈なのが襲ったのです。

あとから知ったのでは、第1波の地震が刺激して第2波を誘発、最終的には茨城県の第3波まで誘発してたとのこと。。。

第1波の段階で停電になり、一瞬で情報が遮断されました。

地震直後は電話が生きてましたし、勤めてた会社の本社が大阪だったので、関係部署の人から内線電話が入り、そのとき『震源地はどこですか?』とアホな質問をしたことが思い出すと恥ずかしいです。


でも、そのくらい現地はパニクっていましたし、自分がいかにテレビ・ラジオ世代だったかと今は思っています。

逆に、今の人は「インターネット世代」とでも言うんでしょうか。

停電になっても、あの時ほど慌てることは無いんでしょうね。


スポンサードリンク


東日本大震災が起こるまで津波のことを忘れていた

もう一つ恥をさらすと…、
「津波」のことは翌日まで「その深刻さ」を理解していませんでした。

2万人という被害者数も、その大半は津波によるものです。
1978年(昭和53年)6月12日に起きた「宮城県沖地震」でさえも、津波による人的被害はなく、津波自体がどこか遠い存在になっていたかもしれません。


*会社の関係者で、短期の海外出張のため、仙台空港近くの駐車場に自家用車を置いてて流されてしまった人がいます。地方ではよくあるケースです。でも、地震保険は付与してなかったので、流され損になってしまいました。

*地震直後に出張先から電話を入れ、奥さんとも会話したのに「家に残ってるおばあちゃんが心配だから見に行く!」が最後の別れとなった夫婦。家が海寄りだったのです。

*会社に出入りの業者で、2-3年前に新築・持ち家の人も、海寄りだったばかりに土台だけ残して、新築の家はあとかたもなかったと言ってました。


「津波」の力は計り知れないです。根こそぎさらって行ってしまいます。

耐震設計…よく聞く言葉ですが、地震に伴って発生する「津波」のことを、本当におろそかにしてました。

福島原発がいい例です。電源設備を高台に置いていなかったんですから…。
”安全第一”で運用してたはずの原発がそんな状態なのです。
それで出てくる言葉は”想定外”です。

これからも、対処不能の事態が発生すれば”想定外”が使われることでしょう。
専門家だったら、ちゃんと想定しておいてくれと言いたいです。


東日本大震災を教訓に・・・まとめ

取りとめなくなってしまいましたが、地震列島・日本。。。

これから先も、地震は襲ってくるはずです。過去の歴史が証明しています。
「3.11」の頃も、宮城県沖地震から30年以上経って、次の地震がいつきてもおかしくないという情報は流れていました。

実際に起きたのは”想定外”の大地震だったわけですが・・・。


震度5以上の地震発生地で、原発を設置している国はないそうです。世界地図で赤くマッピングしてあるのを見たことがありますが、日本は北海道から沖縄まで”真っ赤”状態でした。

次に来るであろう大地震の時、備えは本当に大丈夫でしょうか?
個人的にも、国的にも・・・。

大型施設はほとんどが沿岸部に設置されてるのが心配です。
東日本大震災で学んだ津波の教訓は活かして欲しいと思います。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑