奈良吉野山の桜の見ごろは?開花情報2016と現地グルメ情報

*公開日: 

haru_0416


桜の開花情報が聞こえてくると
旅行好きの人は何故かニンマリ。。。

私の知り合いにもそんな人が居て、やれ夏は花火大会だの、秋は紅葉狩りだのと理由をつけて、いろんなところに一人でも行ってしまうようです。

こちらは旅行土産をごちそうに、写真をみたり話を聞くだけなのですが、桜に関しては奈良県吉野山の桜がえらく気に入ったようでした。

自分でも行ってみたくなった奈良・吉野山の花見。。。
吉野の桜について紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク


奈良吉野山の桜の見どころは?秀吉好みは中千本!

吉野山での花見は4つのエリアから成り立っています。
約200種、3万本の桜を有する吉野山ならではのスポットです。




*下千本:近鉄吉野駅から山上へ上がる七曲坂周辺にあたる。

下千本でのスポットは下千本展望所になります。ここから見える蔵王堂と桜をカメラに収める人が多いです。




*中千本:五郎兵衛茶屋から如意輪寺にかけての一帯。


吉野山を代表する名スポット。秀吉が花見の時に本陣とした、吉水神社境内からの景色はまさに「一目千本桜」。




*上千本:火の見櫓から花矢倉にかけての坂周辺にあたる。

標高600mの花矢倉展望台からの眺めは「豪華絢爛(ゴウカケンラン)」で、遠くは奈良・大阪まで見渡せ、桜が散るころの桜吹雪も圧巻です。




*奥千本:吉野水分神社から金峯神社にかけて。また苔清水、西行庵付近。

下-中-上に比べると桜樹は減りますが、高城山展望台からの景色は、その昔の修験僧がいた事を思わせる厳粛さがあります。


奈良吉野山の桜の開花情報2016と秀吉の時は雨?

吉野山での桜の開花時期は、奈良県のそれより1週間ほど遅れる傾向にあります。そして山頂までの標高差もあって、長いこと桜の時期が楽しめるのも特徴となっています。

吉野山の桜の開花状況は、地元 吉野町のホームページで確認できますが、だいたい以下のようなスケジュールと思われます。
⇒ http://www.town.yoshino.nara.jp/kanko-event/kanouki/kaika/
*下千本:3/31開花~4/7満開予想
*中千本:4/2開花~4/9満開予想
*上千本:4/5開花~4/12満開予想
*奥千本:4/11開花~4/18満開予想

250px-秀吉

吉野山の桜を盤石にしたのは、何といっても「太閤・秀吉」の吉野の花見と言えるでしょう。天下人だからとは言え、5日間に渡って、5,000人もの人数を引き連れての花見とは、”ケタ違い”としか言いようがありません。

さらに隠れた功績として、前もって下見をした前年に、シロヤマ桜がほとんどの状態なのに気づき、色どりを持たせるために、数千本のしだれ桜を植樹し、それが現在の色とりどりにつながっているようです。

そこまで配慮してても、お天気はどうにもならなかったようで、前半は雨にたたられてしまったとか・・・。

吉野の花見、招待客の中には徳川家康、前田利家、伊達政宗等、いずれも耳にしたことのある戦国武将の名前があり、茶の会、歌の会、能の会がこの吉野山の花見で執り行われました。
招待客の各武将たちも、今でいう「仮装大会」みたいなことで大いに遊んだようです。

★周辺情報はこちら【楽天たびノート】


スポンサードリンク


奈良吉野山の桜と周辺にはお食事処がいっぱい

吉野山の桜を愛でながら、おいしいものも食べたい♪

吉野の名物といえば・・・

*柿の葉すし(ひょうたろう 他)
シメサバを柿の葉でくるんだ押し寿司で、
柿の葉の香りと寿司飯が絶妙にマッチしています。
さっぱりした味わいが人気。

*桜花漬、桜ようかん
桜の名所・吉野らしい名物として人気です。
桜の花を塩漬けした桜花漬や、桜の花を散らした桜ようかんなどがあります。

*桜もち、草もち(ちゃつぼ・芳魂庵 他)
お餅には早春の香り豊かなヨモギや桜葉を使い、まさに山里ならではの素朴な味わいです。

*葛うどん(西澤屋 他)
吉野名物の葛で作ったうどんです。
つるつるとした食感が食べやすくて美味しいと人気です。

・・・このあたりが有名です。
   ↓  ↓  ↓
→ http://www.yoshinoyama-sakura.jp/gourmet.php#shimo

*”下千本”にある飲食店

笹岡食堂、天野屋、花見亭、初音、ひょうたろう、うぐいす、喫茶 仁、与志乃、椿原商店、米定、御食事処 花屋

*”中千本”にある飲食店

やっこ、うまみや、茶房 秀康、豆冨茶屋・林、ちゃつぼ・芳魂庵、平木商店、弁慶、柿の葉ずし・たつみ、柿の葉ずし・醍予、西澤屋、静亭、朝日館、ほととぎす

*”上千本”にある飲食店
花錦、カフェ 空、矢的庵、花夢亭、花夢館、花矢倉展望台・子守茶屋、秀

お好み焼き屋さん、焼きそばやさん、スイーツ屋さん・・・何でもありです。
このように飲食店はたくさんありますので、めぐってみるのも楽しいものです。


吉野山の桜と秀吉・・・まとめ

「なにとなく 春になりぬと 聞く日より 心にかかる み吉野の山」…西行
(意訳:春になったようだと聞いてから、吉野山のことが気にかかって仕方がない)

西行法師ほどではなくても、友人の話を聞いてるうちにこちらの方も、「一度は行ってみたいな!」と思わせるほど、見せられた写真でも、その開花状況は圧巻でした。

3万本なんて…どこに行っても見られるもんじゃないですから・・・。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑