一人暮らしに必要なものは?節約マインドで電気ガス水道代を削減!

*公開日: 

060364


この春から初めて一人暮らしを始めるという人は、お金の管理も自分でしなければいけませんよね。…大丈夫でしょうか?

親元で生活していた時には、気にしていなかった水道や電気、ガスなどの光熱費も、気を抜くとドンドンかさんでいくので気をつけましょうね。

そこで、これから一人暮らしの生活を始める人に、電気、ガス、水道などを効率よく節約できる方法をご紹介します。

スポンサードリンク


一人暮らしの人が節約できる電気代の内訳と方法!

一口に”電気代”と言ったりしますが、電気料金は「基本料金」と使用した「電力量料金」の合算になります。

基本料金とは、電気を使っても使わなくてもかかる料金で、契約アンペアによって変わります。

*アンペアと基本料金(東京電力)
10A・・・280円
15A・・・421円
20A・・・561円

一人暮らしの場合「15A~20A」が一般的なようです。

一人暮らし~電気代の節約ワザ

【待機消費電力を節約】
・冷蔵庫以外の電気機器のコンセントは抜くクセをつける。
・特に電気ポット…こいつのコンセントは必ず外しましょう。

【冷蔵庫】
・冷蔵庫の背面の壁から10cm、側面から5cm離します。
また、冷蔵庫の上に物を乗せると冷やす効率が低下するので、上に物は乗せない。

【ジャー炊飯器】
・ご飯はまとめて炊き、茶碗1杯ごとにラップして冷凍します。
保温機能は使わず、食べる時に電子レンジで温める方が、電気代の節約になります。

【電気ポット】
・使う量だけ水を入れて沸かします。
使わない時はコンセントを抜いておきます。

・保温よりも沸かし直しの方がお得です。

【洗濯機】
・洗濯物の量が少ない時はまとめて洗う。
洗濯は80%の量で洗うのが効率的です。
(ただし、梅雨時や夏場はためすぎないように)

・汚れに合わせてコース設定をします。
標準とスピードコースでは電気代が最大で60%違います。

・汚れのひどいものは、お風呂の残り湯を利用して下洗いしておくと、スピードコースで洗えます。


一人暮らしの人が節約できるガス代の内訳と方法!

給湯器のスイッチは必ず切るようにしましょう。
待機時は、温度維持のためにガス代がかかっています。

ガス代の節約で大きく関係するのが・・・お風呂です。

一人暮らし~ガス代の節約ワザ

【お風呂】
・浴槽にお湯を貯めずにシャワーにする
シャワーを出しっぱなしにせずにこまめに止めます。

しかし、たまにはお風呂にゆっくり浸かってリラックスしたいですよね。そんな時は、浴槽いっぱいではなく半分くらいの量のお湯に浸かってください。
(結果的に、健康に良いと言われる半身浴をすることになります)

特に女性はシャワーだけで済ませてしまう習慣がつくと、体が冷えやすくなるので湯船に浸かるのも大事です。

無駄を省くことは大切ですが、
健康にも留意した節約方法を選択
してくださいね。

【食器洗い】
・給湯器の温度は、必要以上に上げない。
36~37度に設定すれば、ガス代の節約になります。

【ガスコンロ】
・調理する時は中火で。
炎がなべ底からはみ出していた場合、火力が無駄になっています。 
中火が一番経済的です。

・なべ底を濡らしたままで火にかけない。
水滴を拭き取るだけで、効率がアップします。

・なべ底がたいらで大きいものを使い、必ずフタをします。

・野菜はなべにお湯を沸かしてゆでるより、ラップして電子レンジを使うほうが経済的です。


スポンサードリンク


一人暮らしの人が節約できる水道代の内訳と方法!

一人暮らし~水道代の節約ワザ

【トイレ】
・トイレのタンク(ロータンク)の中に、水の入ったビンやペットボトルを入れておけば、1回に流れる水が節約できます。

・大小レバーを使い分ける。
大レバーに比べ、小レバーは水量が約2L少なくなります。

【お風呂】
・シャワーは、できるだけ短時間ですませるようにします。
シャワーヘッドを節水型のものに替えるのも効果があります。

・浴槽にお湯を貯めた時は
残り湯を洗濯の本洗いと1回めのすすぎに利用します。
一般的な洗濯機では、1回の洗濯に100L以上の水を使いますので、残り湯を本洗いと1回めのすすぎに使えば、半分以上が節約できます。
(*洗濯機を選ぶときは、ここらへんにも注意をしたいですね)

【台 所】
・使った食器は、油汚れ、デンプン汚れとに分けてシンクにおきます。
洗う前の食器をそのまま重ねるのは、皿裏まで汚れるので非効率的です。

・食器は洗い桶で溜め洗いを
5分間水を出しっぱなしで食器を洗った場合に比べ、かなりの節約になります。ごはん粒がついた茶碗も簡単に落とせます。

・蛇口は全開にせず、半分閉めて使うようにします。

・タワーすすぎ
洗ったあとのすすぎは、大きい食器から小さいものを重ねていきます。
シャンパンタワーみたいに^^;

※洗う前に汚れをふく
・油汚れやケチャップなどの汚れは、新聞紙などで拭きとってから洗います。
(新聞をとってないという人は、ダイソーなどにおいてある梱包用の新聞紙を
ついでの時にもらっておくといいかも・・・)

ちなみに私は、古くなったタオルを小さくカットしてキッチンにおいています。


一人暮らしの節約ワザ・・・まとめ

新しく一人暮らしを始めるという方に、水道光熱費の具体的な節約方法をお伝えしました。

電気・ガス・水道は「ライフライン」と呼ばれるだけあって、生活に欠かせないサービスですが、おおもとを考えれば無駄に使っていいものは一つもありません。

あなたの水道光熱費の節約はお金の節約だけでなく、限りある資源を大事に使うことにもつながっているのです。

節約ワザを新生活に少しずつ取り入れていってみてくださいね。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑