子供服の汚れの落とし方|泥汚れや食べこぼしからクレヨンまで

*公開日: 

汚くご飯を食べる子供


子供は毎日洋服を汚して帰ってきます。

特に幼稚園の砂場で泥遊びをしたり、小学生なら少年サッカーや野球でユニフォームや靴下が泥だらけに。。。
家でもジュースをこぼしたり食べこぼしたり。。。

落ちにくい泥汚れやしみは、
洗濯をするお母さんにとって悩みのタネですよね。

そんなガンコな汚れでも簡単に落とせる、チョットした工夫と方法をご紹介します。

スポンサードリンク


子供服の汚れの落とし方で泥汚れを洗濯する時の注意点

ヘッドスライディング


子供服の汚れで、
一番ガンコで落ちにくいのが泥汚れです。

泥汚れをスッキリ落とすには、固形石鹸による手洗いが効果的です。

その時の注意点をまとめました。

1)子供服の泥汚れのついた部分を乾かす
(急ぐ時はドライヤーを使うといいかも)

2)泥や砂をブラシではたき落とす
丁寧にブラッシングして、できるだけ固形物を払い落とします

3)40度位のお湯で、固形石鹸をたっぷり塗って泡立つように軽くもみ洗いし、充分に泡立ったら、洗濯ブラシや古い歯ブラシで軽くこすります。
ブラシの毛先が寝ない程度の軽い力で、生地の目に沿うように一方向に向かってブラシを動かします。

4)再び40度くらいのお湯ですすぐ

5)いつも通り、洗濯機で洗う


洗濯用の固形石鹸は、アルカリ助剤のケイ酸塩が入っているものが汚れ落ちが良くおすすめです。無添加の固形石鹸はアルカリ助剤が入っていないので、汚れ落ちはあまり期待できません。

「ウタマロ石鹸」やミヨシの「マルセル」は、ドラッグストアで手に入り、人気もあります。

ウタマロ石鹸は、「蛍光増白剤」が配合されて白さが増して見えますし、蛍光増白剤が入っていないマルセルは、色物に使えます。

詳しくはコチラで見られます
   ↓  ↓
★楽天市場 洗濯用固形石鹸★


子供服でケチャップなどの食べこぼし汚れの落とし方

子供服には知らない間に食べこぼしの汚れもつきます。
特にミートソースやケチャップなんかがついちゃうと「勘弁して~」って感じですよね。


食べ物の「汚れ別」に落とし方をまとめました。

【しょうゆの汚れ】

しょうゆは水に溶ける水溶性の汚れなので、衣類についてすぐなら洗濯するだけで比較的簡単に落とすことができます。

1)台所用の中性洗剤をつけて軽くもみ洗いし、水で洗い流します。
2)1の処理でシミが残る場合は、酸素系漂白剤を使用します。

うっかりジュースをこぼしたりすることもありますね。
ジュースも水溶性の汚れなので、落とし方はしょうゆと同じです。


【ケチャップ・ミートソースの汚れ】

1)台所用中性洗剤を歯ブラシや綿棒につけて、汚れになじませます。
2)汚れの部分をぬるま湯につけ、小さくもみ洗いします。

この時、シミ部分のみを洗うこと、汚れを広げないことが大切です。


【チョコレートの汚れ】

1)クレンジングオイルと台所用の洗剤を混ぜて洗剤を作ります。
割合は1:1が基本です。
2)できあがった洗剤を歯ブラシや綿棒でチョコレートの汚れにつけ軽くたたきます。
3)もみ洗いとぬるま湯でのすすぎを繰り返します。


スポンサードリンク


子供服についたクレヨンの汚れはどうやって落とす?

クレヨン


子供画伯がお絵かきで、クレヨンやカラーペンなどを勢いあまって洋服にまで塗ってしまった時は以下の落とし方で・・・


【クレヨンの汚れ】

油性の汚れには、メイクを落とすクレンジングオイルが役立ちます。

1)台所用洗剤とクレンジングオイルを1:1で混ぜた洗剤をクレヨンのシミにつけます。(チョコレートの時と一緒ですね)
2)小さくもみ洗いをして、ぬるま湯ですすぎます。
3)何度か繰り返します。


カラーペンは水性ペンと油性ペンで落とし方が違います。

【水性ペンの汚れ】

1)固形石鹸を汚れた部分につけて手でもみ洗いします。
2)普通に洗濯機で洗います。


【油性ペンの汚れ】

油性の汚れはエタノールを使って落とすことができます。

1)いらない布を2枚用意します。
2)汚れた箇所の下に布を1枚敷き、汚れにエタノールを染み込ませたら上からもう1枚の布でトントン叩いきます。
3)汚れが下の布の方に移っていきます。

このエタノールはドラッグストアで売っている消毒用のものでOKです。


【絵の具の汚れ】

1)汚れの下に布を敷き、汚れに台所用中性洗剤をつけます。
2)上からいらない布や歯ブラシなどでトントン叩くと下の布に汚れが移っていきます。
3)色が薄くなったら、手もみ洗いをしてしっかりすすぎます。


子供服の汚れの落とし方・・・まとめ

小さなお子さんをお持ちのお母さんは、炊事-洗濯-掃除-育児・・・
何から何までこなすスーパーウーマン。。。

それを知ってか知らずか、さまざまな用事を作り出す子供たち。
カンペキを目指してたら、身体がいくつあっても足りません。

上で取り上げたような裏ワザや知識があると、少しでもお役に立つのではないでしょうか。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑