自転車もクルマです|交通違反が適用され高額賠償のケースも

*公開日: 

bicycle_school_boy

4月から新学期が始まりますが、今日の記事は、自転車に乗ることになるお子さんをお持ちの、親御さんに向けてのものになります。

小学校から中学校、中学校から高校へと進学するのを機会に、自転車で通学する事になった方もいらっしゃると思います。

最近、自転車に対する見方というか、
扱いが変わっていることをご存知でしょうか。

端的にいうと、自転車も”くるま”であるという考え方です。

これが私達の生活にどう関わってくるのかということを、次の章からお伝えしていきます。

スポンサードリンク


自転車もクルマであるという考えが現在の常識です

ちょっと前の神戸での話ですが・・・、
小学校5年生の子どもが乗る自転車が
人にぶつかるという事故を起こしました。

自転車事故

その時の事故賠償金、
いくら請求されたか分かります?

裁判所が下した判決は・・・
「9,500万円」

でした。

加害者は小学校5年生の子ども…。子どもにそんな大金があるわけもなく、結局は保護者である親に、その支払い義務が課せられました。


この話の中で意識してほしい部分・・・
*自分の子どもが自転車で他人をケガさせた
(昔)菓子折り持って謝罪 → (今)9,500万円の賠償金

*歩行者と自転車の衝突事故 → れっきとした交通事故扱い

こうなってくると、子どもに自転車の乗り方を教えるのも、”良し悪し”という気がしてまいります。

こうなった背景には、日本がアメリカ並みの訴訟社会になりつつあることがあげられます…が、この流れはもう止まらないでしょう。

それと、歩行者と自転車の衝突事故がいっこうに減らないこともあって、横浜での裁判では、”歩行者の過失は考慮せず「事故の責任は原則、自転車運転者に負わせるべき」”とし、原則運転者の年齢を問わない旨の判決まで出ているのです。


スポンサードリンク


自転車特有の交通違反とは|危険行為や違反行為の例

これらを受けて、交通法規の中に”自転車”に関する部分も、どんどん触れられるようになってまいりました。

免許証がいらない自転車ではありますが、「危険行為」「違反行為」を行うと、れっきとした交通違反として、処罰の対象になります。


「危険行為」「違反行為」の具体例を見ていきましょう。

*通行禁止違反
自転車は原則「車道」を通らなければいけません。

*歩行者用道路における車両の義務違反
・自転車は、車道を通らなければいけませんが、道路標識によっては歩道も通ってよいとされます。その際、歩行者に注意して歩行者の通行を妨げないよう、徐行走行しなければいけません。

歩道を走る 自転車

・自転車よりも歩行者が優先ということを覚えておきましょう。人が多い歩道ではできれば押して歩くのがよさそうですね。
(アーケード内をベルを鳴らしながら走行するなんて即アウトです)

*通行区分違反
自転車道があるときは必ずそこを通りましょう。
ない場合は必ず車道の左側を(車と同じ流れで)走りましょう。


◆交差点でのルール

*交差点安全進行義務違反
・交差点に侵入した時は、道路を走ってる車両が優先です。
・自分が右折の時は、一旦直進してから右に向きを変え、信号が変わるのを待って進行することになります。

*交差点優先車妨害
・直進車や左折車の邪魔になってはいけません。

*指定場所一時不停止違反
「止まれ」の標識がある時は、車だけではなく自転車も一時停止をしなければいけません。

*ブレーキ不良自転車運転
ブレーキのチェックは日頃こまめにしておきましょう。

*安全運転義務違反
他人に危害を及ぼさないよう、気を付けて運転しなければいけません。


◆他にもありがちな違反行為

自転車に乗りながら携帯電話

*イヤホンを耳にさしての運転行為
(片耳だけであっても違反となります)

*スマホを見ながらの運転行為

*傘をさしながらの運転行為


自転車事故・・・まとめ

いかがでしたでしょうか。

自転車は交通法規上「軽車両」に区分されます。
車と同じ仲間…という事です。

それなのに、免許証の制度もなく、自転車特有の交通ルールなんて、どうやって身に付けろというのでしょうか?

それでも人身事故を起こせば「9,500万円」・・・まさしく、くるま並ですよね。

そんな中、子どもの自転車を止められないときに取るべき行動はふたつ。。。
1)自転車に関する交通ルールを”徹底して”教える
2)「個人賠償責任保険」に加入する

このふたつが必要となってきます。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑