顔にできたシミを消すには|レーザー治療の前にアレやった?

*公開日: 

359049
最近、顔のシミが急に気になり始めた…、なんてことありませんか?
歳を重ねると現れる厳しい現実ですよね。。。

シミは消したいけれど、レーザー治療はちょっと不安という人もいるでしょうし、ひとくちに”顔のシミ”と言っても、その状態は人によってさまざまなんですよね。

つまり、あなたのシミがどんなタイプかによって、消す方法も違ってくるということになります


そこでまず、レーザー治療にかかる前に皮膚科で処方してもらえる、シミを消す治療方法についてまとめました。

スポンサードリンク


顔にできたシミを消すにはまずは皮膚科に相談

見た目の印象もよくない顔のシミはなんとか消したいですよね。

顔にできるシミには、、いくつか種類があります。

*老人性色素斑
紫外線の影響や加齢などが原因でできる、境界がはっきりした茶褐色のシミです。早い人は20代でできることもあります。

*肝斑(カンパン)
薄い褐色で、左右対称にでき、
女性ホルモンが関係していると言われています。
摩擦によってひどくなる場合があるので、スキンケアの時はこすらないよう注意が必要です。

*雀卵斑(そばかす)
頬や鼻の回りを中心にでき、
紫外線を浴びると濃くなったり数が増えたりします。


顔のシミは、その種類ごとに治療方法が異なります。
また、人によっては複数の種類のシミが混じっているケースもあります。

なので、自分で素人判断せずに、まずは皮膚科の専門医を受診して、シミの種類を特定してもらうことが大事です。


顔のシミを消す治療は、美容皮膚科でのレーザー治療を良く聞きますね。
ですが、いきなりレーザー治療は不安という人もいると思います。

まずは、レーザー治療を受ける前に、皮膚科で処方される外用薬や内服薬を試してみることをおすすめします。

皮膚科の医師にシミの特定をしてもらった上で、あなたにあったお薬を処方してくれるはずです。

口コミなどで評判のよい皮膚科を探すのが大事になりますね。


次の章では、皮膚科で行う顔のシミ取り治療の内容についてお伝えします。


顔にできたシミを消すには~皮膚科での治療内容

ここでは、皮膚科が行う
顔のシミを消すための治療について説明していきます。

老人性色素斑や雀卵斑(そばかす)、肝斑、に効果があると考えられる方法です。

<外用薬(塗り薬)の塗布>

*ハイドロキノン軟膏
シミやそばかすの原因のメラニンを作るチロジナーゼの働きを阻害する非常に強力な漂白剤です。

ハイドロキノンの配合が厚生労働省によって許可された化粧品も多くなりましたが、化粧品と皮膚科で処方されるハイドロキノン軟膏では、濃度がかなり違います。

ハイドロキノンを使用している時は、強い紫外線を浴びるとシミが濃くなることがあるので、日焼け止めを塗る必要があります。

*トレチノイン軟膏
皮膚のターンオ―バーを促し、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出す働きがあります。

トレチノイン軟膏を使うときは単独で使われることはほとんどなく、ハイドロキノン軟膏と一緒に処方されてセットで使うことになります。

ハイドロキノンの作用で新しいメラニンを作らせなくしておいて、表皮はメラニン色素の少ない新しい皮膚に置き換えられます。

※トレチノイン軟膏は、妊娠中および妊娠予定の人は使用できません。

<内服薬の服用>

*トランサミン
「肝斑」に効果があります。
メラニン発生の要因のひとつとであるメラノサイトの活性化をブロックし、メラニンの発生を抑制する働きがあります。

*ビタミンC誘導体
メラニンに働きかけて色素沈着を緩和します。
体のなかでは生成されないので、内服します。

内服薬を使う場合、効果が実感できるのは治療開始から4、5週間ぐらい経ってからと言われます。

※皮膚科でのシミ取りの治療には、健康保険が適用されるものとされないものがあるので、受診前に確認をしてください。


スポンサードリンク


顔にできたシミを消すレーザー治療や光治療とは?

美容皮膚科で行われるレーザー治療、光治療についてもお伝えしておきます。

<Qスイッチルビーレーザー>

Qスイッチルビーレーザーは、肝斑以外のシミやソバカス、色素沈着を消すことができる医療用レーザーです

シミのメラニン色素に反応して色素を壊すので、周囲の健康な肌にはダメージを与えません。老人性色素斑やそばかすなどには特に効果が高いといわれています。

シミ部分に麻酔クリームを塗り、レーザーを照射します。
照射の際にパチッとした痛みがあるようです。

レーザーの照射には熱が生じるために軽いやけど状態となります。
照射した部位は、ひりひりした痛みが数日間あり、その後1週間ほどでかさぶたになり剥がれ落ちます。

しばらくは医療用テープでカバーする必要があります。

※最近では、肝斑に効果のある低出力のレーザー治療もあります。

<フォトフェイシャル(IPL光治療)>

フォトフェイシャルは、IPLという広い波長の特殊な光を顔全体に照射して行う光治療です。ターンオーバーを促進して沈着したメラニンを自然な形で排出できるようにします。

さらに皮膚を活性化し、コラーゲンを増加させる効果もあるようです。
肌への刺激はマイルドですが、1回の治療では劇的な効果は望めません。
シミの改善には、定期的な照射が必要になります。

ゴムでパチンと弾いたような痛みがあります。

ダウンタイム(照射後にできた赤みやカサブタなどが治癒するまでの期間)がほとんど無いと言われていますが、個人差はあるようです。

治療後は、日焼け止めを使用するなどの紫外線対策が必要です。

※妊娠中の人やアトピーの人は、フォトフェイシャルは受けられません。


レーザー・光治療は自由診療なので、健康保険は適用されません。
また、美容皮膚科(クリニック)ごとに料金設定も異なるようなので、事前に確認が必要です。


顔にできたシミを消すには・・・まとめ

歳を重ねると顔に現れる厳しい現実。。。

シワにしてもシミにしても、隠せるものなら隠したいし、でも、もしできることなら消し去りたいですよね。

なので、レーザー治療や光治療というのが出て来るわけですが、最初っからそれに頼るのは疑問があると私は思っています。

最後の手段としてなら同意するとしても、私としては、まず相談ができ、信頼のおける皮膚科を探すことのほうを、優先すべきだと思うのですが・・・。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑