親子遠足用のリュックと持ち物でママが持っていくのはコレ!

*公開日: 

09 13 84
子供が入園してしばらくすると、初めての遠足がありますね。

親子遠足だったり、親がまざらない子どもたちだけでの遠足など、幼稚園によっていろいろだと思います。

初めての遠足だと準備しなければいけないものもありますよね。

親子遠足の場合、ママが持っていくものについては、幼稚園側から指定はあまりないものです。

ママが持って行くといい物や、
子供だけの場合の持ち物についてポイントをまとめました。

スポンサードリンク


幼稚園の遠足用のリュックのサイズと持ち物

子供が入園すると、園の行事として遠足にでかけるところも多いでしょう。

幼稚園によって、親子遠足だったり子供たちと先生だけででかける場合など
いろいろあります。

この章では親が付き添わない幼稚園の遠足での持ち物について、注意したいポイントをお伝えします。


遠足にはリュックが定番ですが、
子供のリュックを買う時には、サイズで迷うかもしれませんね。

遠足の持ち物は、お弁当、水筒、おしぼり、おやつ、レジャーシートなどです。

水筒はリュックの中に入れずに肩にかけますが、それでもリュックがあまり
小さいと荷物がいっぱいになってしまい、子供では出し入れするのが難しく
なります。

となると、Sサイズ(4リットル)では小さいのでMサイズ(8リットル)の方がいいのではないでしょうか。
年少さんでもMサイズのリュックを持つ子供も多いようで、幼稚園卒園位までは使えます。


持ち物についても注意したいポイントがあります。

・お弁当
手で掴んで食べられるおにぎりやサンドイッチ、おかずはピックやフォークでさして食べられるものをお弁当箱に詰めてあげます。

食べ慣れているものをいつもの量だけ入れてあげます。

フォークだけをゴムバンドなどでお弁当箱につけてあげると、食べ終わったあとも子供が片付けやすいです。

・レジャーシート
小さなものを用意します。
買った時に入っているカバーに入れても、使用後に子供は元通りには入れられないので、簡単にたためるものを。

・おしぼり
おしぼりケースをあけられなかったり使用後にケースに入れられない子もいます。そういう子には、ジップロックなどに小さなタオルをぬらして入れてあげます。(ファスナーはせずに)

・水筒
コップタイプは外では難しいです。
ストロータイプか直飲みできるタイプがオススメです。

水筒は、遠足後も出番があるので、保冷ができて直飲みとコップが使える2ウェイタイプを用意するのも有りです。


リュックの開け方や閉め方、水筒の飲み方などはあらかじめ練習しておくと
いいかもしれませんね。


親子遠足でママのバッグでリュック以外は?持ち物は?

親子遠足を行う幼稚園もあるようですね。

園からのしおりには、お弁当以外ママの持ち物までは書いてはいないものです。
バッグや持ち物はどうしようかという悩みも出てきますね。

同じ幼稚園の先輩ママに聞けるのであれば、確認してみるといいでしょう。

親子遠足の時のママのバッグは、
・リュック
・斜めがけバッグ
・大きめのトートバッグ

以上の3つに、貴重品を入れておくウェストポーチか、ボディバッグと組み合わせるというパターンが多いようです。

リュックや斜めがけバッグは両手があくので、子どもが疲れて寝てしまったなんていう場合は便利ですよね。


次に、親子遠足でママが持って行った方がいい物をご紹介します。

・着替え一式(下着・靴下・タオルも)
子どもが元気に遊んで転んだりして洋服を汚すこともあります。

・日焼け止め
子供用を持てば、子どもにも塗ってあげられます。
薄いストールがあれば、首の日焼け止めと寒くなった時にも使えます。

・帽子
キャップタイプがオススメ。
動きやすく、つばが広いものより風に飛ばされにくいです。

・ウェットティッシュ
使い終わったウェットティッシュを捨てるのに、レジ袋やポリ袋を数枚持ちます。汚れた着替えを入れるのにも便利です。

・小分けにしたお菓子
他のママと仲良くなれるアイテムとして活躍してくれます。
キャンディなど小袋に入って小分けできるお菓子を用意しておきます。


スポンサードリンク


幼稚園の遠足ではお弁当が楽しみ|お家で練習済み?

遠足のイラスト「リュック・お弁当・水筒」

子どもが初めての遠足を楽しめるよう、お弁当の食べ方や水筒からの飲み方を練習しておくのもいいでしょう。

毎日お弁当を食べている幼稚園とは違い、遠足では地面にシートを敷いて食べることがほとんどです。

普段のお昼が給食の場合、お弁当箱にも慣れていないでしょうから、少し練習は必要です。
持っていく予定のお弁当箱に、おにぎりなど詰めてあげて、お弁当箱の開け閉めなど楽しく練習させてください。


水筒から飲む練習もしておきたいですね。
特に年少さんの水筒を購入する時は、扱いやすいものを選んでください。

お弁当も水筒も、ちょっとしたコツを教えて自信をつけさせてあげて下さいね。


親子遠足の持ち物・・・まとめ

幼稚園に入って初めての遠足…
またまた悩んでしまいますよね。

親子遠足で同行できるなら、自分も手がかけられますが、子どもだけとなると
お弁当のフタの開け方や水筒からの飲み方に始まって、持ち物の出し入れの仕方まで、事前の練習が必要になると思います。

普段の生活のなかで、少しずつ、ですね。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑