北海道新幹線をブルーインパルスが祝賀飛行|伝統こけしでお花見

*公開日: 

過去にアップした記事で、
2-3追記しなきゃいけないものが出ましたので、
今日の記事ではそれらを紹介させていただきます。

*3.26 とうとう北海道から九州まで「新幹線」がつながりました。
この開業イベントをブルーインパルスが空から盛り上げました
(映像あり)

*東北六県の伝統こけしを見れるのが仙台市にある「カメイ美術館」です。
ただいま、<古作こけし名品展>開催中。お花見がてら如何でしょうか?

*今年(2016年)のお年玉付き年賀状。。。
景品との交換には”期限”がありますので、ご注意を!

スポンサードリンク


3.26は北海道新幹線の開業日|ブルーインパルスも応援

2016年3月26日は記念すべき日になりました。
北海道~九州が「新幹線」でつながったのです。

その昔は、飛行機か船しか本州との移動手段はありませんでした。
津軽海峡が「唄の歌詞」そのままに、たちはだかっていたのです。

それが青函連絡船の事故(1954年:洞爺丸他4隻)等で、トンネルの計画が具体化し、
1961年着工開始から四半世紀かけてトンネルを完成させ、1988年から電車が走れるようになっていました。そのレールの上をようやく新幹線も走れるようになったのです。

青函連絡船の事故から数えたら、およそ50年。。。半世紀です。
新幹線でも”本土並み”になった瞬間ですよね。

そこで、ブルーインパルスの出番です。1964年の東京オリンピックで青空に五輪マークを描き、それ以降、国民的な行事には欠かせない存在となっています。

ブルーインパルス自体も本拠地が宮城県松島でしたので、東日本大震災で大きなダメージを受けましたが、よその基地を間借りするなどして、祝賀イベントには極力参加してくれています。

今後も、様々な場面で”祝賀飛行”を披露して欲しいと思います。

そして、2020年の東京オリンピックでも必ず飛んで欲しいと願っています。


東北の伝統こけしを1か所で|こけしのあとはお花見

東北の伝統こけしを何回かに分けてご紹介させていただきました。

でも、東北六県ってマジで広いんですよ~。
なにせ、岩手県だけでも四国4県に匹敵する広さがあるそうです。

かといって、工房めぐりの邪魔するのではなく、時は「春」。。。
「桜」の満開情報もポチポチお耳に達しているのではありませんか?

そういう行楽と、伝統こけしの工房巡りを絡めるのも有りなんじゃないかと思っております。東北だけを見ると、間違いなく南から北へと北上しますので、西の地区と比べて右往左往することはありません。

また、その時も紹介しましたが、宮城県仙台市には東北六県の伝統こけしを見れる「カメイ美術館」があります。(余談ですが…政治家の亀井静香氏とは関係ありません)

また、「美術館」と名がついてるように、他の美術品の鑑賞もモチロン可能です。その、カメイ美術館でいま、「古作こけし名品展(~4/24迄)」が開催中なのです。
カメイ美術館MAP

【古作とは…】昭和10年代までの作品が対象
今現在活躍中の工人さんの、祖父母、曾祖父母にあたる方々の作品がこの期間中にご覧いただけます。ここ以外では、美術雑誌等でしか見ることができません。

この章の冒頭に触れた「桜」の話…
仙台市内にもモチロンございます。以下は、日本気象協会さん情報です。

【榴岡公園】2016年03月31日15:00発表
開花情報:つぼみつぼみ
満開前で、全くまたは殆ど開花していない状態
例年の見ごろ時期:4月上旬~4月下旬
桜の種類:ヤエベニシダレ、ソメイヨシノ、シダレザクラ、エドヒガン、カンザン
特 徴:1695年に伊達家第四代藩主綱村公がサクラ等1000本を植えたことに始まり、文化年間の大火によりサクラの大半が焼失しましたが、昭和3年に昭和天皇御即位記念としてサクラ100本を植えました。
その後に植えたものを含め約370本のサクラが公園内にあります。
夜間鑑賞:あり
イベント:桜まつり(4月上旬-下旬)



【西公園】2016年03月31日15:00発表
開花情報:つぼみつぼみ
満開前で、全くまたは殆ど開花していない状態
例年の見ごろ時期:4月上旬~4月下旬
桜の種類:ソメイヨシノ、サトザクラ、シダレザクラ、ヤマザクラ、エドヒガン
特 徴:市街地のメインストリートである定禅寺通・広瀬通・青葉通の突き当たりにある西公園は、市内屈指のサクラの名所として有名です。
公園内には、伊達政宗が朝鮮から持ち帰ったとされる臥竜梅や芭蕉句碑、著名作家の彫刻、蒸気機関車やこけし塔などがあり、見所が多く市民に広く親しまれています。
夜間鑑賞:なし
イベント:なし

・・・ね、カメイ美術館もお花見も、どっちも楽しめそうでしょ!


スポンサードリンク


タイトル3章

新年(2016年)を迎えたと思ったら、そろそろ4月。。。
年賀はがき、たくさん来たと思いますが、お年玉付き年賀状の当選番号確認・交換はやりましたか?

まだやってなかった~という方、当選番号を載せておきますので、ぜひ番号のチェック、景品との交換をお忘れなきよう・・・。

お年玉年賀状・当選番号
→ http://yubin-nenga.jp/otoshidama/

*交換時の注意点:くじ番号を「切り取らずに」郵便局へご提出下さい。
(切手シート以外は後日のお届けになります)
*現金(10万円)の当選は、現金書留での発送となります。
*交換期限である 7月19日(火)を過ぎますと、権利を失いますのでご注意ください。

ちなみに私のところは、喪中でしたので該当なしです…残念。


気になってたこと・・・まとめ

過去記事に追記・補足すべきことがらを
今回はまとめさせていただきました。

「あれ、どうなったんだろう、後で調べなきゃ」と思っても、忘れてしまってることが多々有ります<< 自分。

なので今回は、そんな中からピックアップして、後日談をお伝えいたしました。

年賀状の景品なんかも、せっかく当たってたのに「権利落ち」してしまったらもったいないですから、ぜひ確認して見てください。
(銀行に金を預けても、ほとんど増えないご時世ですので・・・)


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑