浴衣のおでかけマナーと着崩れの直し方|持ち物はこれが便利!

*公開日: 

079242

夏になると、浴衣を着ておでかけしたいイベントがめじろ押しです。

なかには、初めて浴衣でデートなんていう人もいるかもしれませんね。

浴衣は気軽に着られるのが魅力ですが、簡単なマナーを知っているとあなたの浴衣姿はよりステキになるはずです。

ただ心配なのは、時間が経って着崩れてしまった時ですね。

浴衣でおでかけした時のマナーと着崩れした時の簡単な直し方、あると便利な持ち物についてまとめました。

スポンサードリンク


浴衣でお出かけした時のワンポイントマナー

浴衣は普段着として気軽に着ることができるので、夏祭りや花火などのお出かけに着ている人も多いですよね。

この夏、浴衣デビュー考えてみませんか?

初めて浴衣を着るという人は、簡単なマナーを知っておくことで動きが窮屈に感じることも少なくなると思います。

浴衣を着た時のマナーというのは、浴衣を着ている時に合った立ち居振る舞いのことです。ちょっとしたポイントを押さえたしぐさが、浴衣姿のあなたを引き立てます。


浴衣を着て歩こうとすると、まず裾が動きづらいと感じるでしょう。
「すそわり」をすると、すそまわりの窮屈さが緩和されます。

「すそわり」
着付けの後、足を肩幅に開き、すそを左右に開くようにひざを軽く2~3回曲げます。まっすぐに立ち、上前と下前をきちんと整えます。


<ワンポイントのマナー>

*歩く時
洋服の時のように颯爽と歩くと、
すそが乱れて見苦しく着崩れもしやすくなります。
背筋を延ばし、外股にならないようにつま先から地面につくようにします。

*階段の昇り降り
前のすそをあげるように持ち上げます。
すそから足が見えすぎないように注意します。

*風が強い時
右手で上前(右の太ももの脇あたり)を押さえます。

*手の動き
ニノ腕が見えないように、
手を伸ばしたりする時は片方の手で袖を押さえます。


浴衣が着崩れちゃった時の簡単な直し方

071320

気合を入れて着た浴衣でも、
時間がたつとどうしても着崩れてしまいます。

せっかくの浴衣姿がグダグダになったら、かなしいですよね。
そこで、浴衣が着崩れちゃった時の簡単な直し方とトイレの入り方をご紹介していきます。

わかりやすい動画もありますから、お出かけ前に要チェックですよ。

<衿のゆるみ>
えりがだんだんゆるんできて、胸元まではだけてきてしまう(T_T)

対処法
1 左の身八つ口(脇の開いた部分)から左手を入れて、左前のえりを引っ張ります。
2 上前のえりを、おはしょりのところから引っ張ります。

<すそが下がってきた>
すそが下がって、広がってきた・・・

対処法
1)上前を持ち上げ、下前を引き上げて腰紐にはさみこみます
2)同様に上前を引き上げて、おはしょりを整えます。
(腰紐のゆるみが原因なので、
 腰紐の結び目をといて結び直しておくと安心です)

<帯がゆるんできたとき>
ハンカチやミニタオルなどを折って、うしろから浴衣と帯の間にはさみます。

<帯が苦しい時>
帯の内側に指を入れ、左右に引くように動かします。
そうすると、帯がゆるむので楽になります。

<トイレに行く時>
すそを持ち上げておきます。

1)浴衣の上前からすその端を
 持って上に持ち上げ帯の上の部分にはさみ込みます。
2)下前もはさみます。
洗濯バサミを持参して、帯にとめてもいいでしょう。

3)トイレから出る時は、
鏡の前でおはしょりがめくれていないか、
帯やえり、すそもチェックしておきましょう。

浴衣のマナーと着崩れの直し方の動画です
   ↓   ↓


スポンサードリンク


浴衣でお出かけの時の持ち物はこれがあると便利

浴衣でおでかけする時には、あまり大きな入れ物にしないで、必要なものだけを巾着や小さめのかごバッグに入れて持つようにします。


必要な持ち物、あると便利なグッズをまとめました。

<ハンカチ・ミニタオル>
ミニタオルは、帯が緩んできた時の着崩れの応急処置に使えます。

<扇子>
1本持っていると、重宝します。

<絆創膏>
下駄など慣れない履物で足がすれて痛くなった時に。

<ウェットティッシュ>
手が汚れたときはもちろん、
浴衣に汚れがついたときの応急処置にも便利です。

<洗濯バサミ>
トイレですそを持ち上げて帯にとめます。

<安全ピン>
えりのゆるみを自分で直しきれない時、安全ピンでとめてしまうのもいいですね。

<大きめのレジ袋>
座りたくなった時、シート代わりに使えます。


浴衣の君・・・まとめ

一生の中で、着物を着る機会はそんなにないと思いますが、その数少ない機会が大事なイベントだったりします。

成人式、友達の結婚式、ご自身の結婚式・・・、短時間だから、ガマンすればいいとも言えますが、着物の簡易型である”浴衣”で慣れておくというのもあるのでは…。

浴衣(着物)には、洋服にはない魅力がいっぱいです。

あなたの新たな面を披露するチャンスともいえますよね。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑