日焼け後にヒリヒリする肌ケアの方法と食べ物で内側もケア

*公開日: 

日焼け対策


いまの時期、いつの間にか日焼けしてしまうことが多くなる季節です。

特に、子供の運動会や遠足などは要注意。。。
気をつけているつもりでも、つい日焼けしてしまうことがよくあります。

どんなに気をつけていても、紫外線は完全には防げないんですね。

なので、日焼けしたなと思ったら、直後のケアをしっかりしておかないと、ダメージが蓄積されていってしまいます。

うっかり日焼けしてしまった後の肌ケアと、内側からのケアである食べ物についてまとめました。

スポンサードリンク


日焼け後にヒリヒリしている肌はこんな状態

日焼けにはサンバーンとサンタンの2つの状態があります。

紫外線を浴びて、肌が赤くなり炎症を起こしている状態がサンバーンで、数日後、色素沈着して肌が褐色になる状態がサンタンです。

肌が赤くなるサンバーンは、
皮膚が炎症を起こし軽いやけど状態になっています。
皮膚の細胞が傷つき、水分を保つ機能が弱くなっています。

肌がヒリヒリしているのは、
皮膚の炎症で体内の水分が蒸発しているからとも言われています。

この状態で、普段のように化粧水や乳液などのスキンケアをしてしまうと、肌に刺激を与えてしまい、トラブルの原因となります。

まずは、やけどを鎮めることから始めましょう。
日焼けで肌が赤い、あるいはヒリヒリする場合は、冷やすことが大事です。

手順としては・・・冷たいシャワーを浴びるか水風呂でクールダウンします。
日焼けが激しい箇所は、保冷剤をくるんだ薄手のハンカチや氷水を入れたビニール袋で冷やします。

氷や保冷剤を使用する際には、冷やしすぎによる低温やけどを避けるために薄手のタオルやハンカチを巻き、直接皮膚に当てないように注意します。

水ぶくれができてしまうのは、重度の日焼けに相当します。
一刻も早く、皮膚科で診てもらってください。


日焼け後の肌のケアは乾燥させないことが大事

日焼け後の肌のケアで大事なことは、乾燥させないことです。

<顔のケア>

179-979

顔の場合、痛みがなく軽度の日焼けの場合は、当日から軽く洗顔もできます。
敏感肌用の洗顔料をよく泡立てて、泡をつけたらすぐぬるま湯で流します。

また化粧水も、肌に刺激の少ない敏感肌用がおすすめです。

いつもの化粧水やアルコールの入った化粧水だと、炎症をおこしている肌には刺激が強く、肌の状態を悪化させてしまう場合もあります。

化粧水のあとは、保湿クリームで蓋をします。

化粧水がしみる場合は、洗い流して軟膏を塗りましょう。
それでもしみる時は、皮膚科を受診して下さい。

<身体のケア>

hiyakedome

日焼けした身体がヒリヒリ痛い場合は、軟膏を塗ります。
アロエ軟膏やワセリンを塗って保湿します。

ヒリヒリしなければ、刺激の少ない化粧水でたっぷり水分補給をします。
化粧水のあと、軟膏やワセリンで保湿します。

日焼けした肌は水分不足なので、顔も身体も化粧水をいつもより多めに使ってあげましょう。化粧水のコットンパックなど、日焼け後の乾燥している肌の隅々まで保湿してあげます。

炎症が落ち着くと皮がむけてきますが、無理やりはがすのはやめてくださいね。


美白化粧品は、日焼け直後の使用は避け、完全に赤みがひいてから使うようにしましょう。

ただし、肌の乾燥はサンタン時でも続いているので、しっかりと保湿してから美白ケアをして下さい。


スポンサードリンク


日焼け後のケアは食べ物で内側からもサポート

日焼け 回復食材

日焼けには、
内側からのケアも大事です。

日焼け後に摂りたい食べ物を
まとめました。

ビタミン類は、
日焼け後のお肌には
必要不可欠な栄養素といえます。

<ビタミンC>
メラニン生成を抑える働きがあります。
オレンジ・グレープフルーツ・キウイ・いちご・アセロラ・緑黄色野菜

<ビタミンE>
ビタミンCと一緒に摂ると、日焼け後のお肌の回復が早くなります。
アボカド・ナッツ類・大豆製品・豚肉

<ベーターカロチン>
活性酸素の生成を抑える効果があります。
ニンジン・カボチャ・ほうれん草・レバー・チーズ

<リコピン>
抗酸化力に優れています。
トマト・・・最強ですね!


これらの栄養度が食事だけではなかなか摂れないという人もいるでしょう。

そんな時には、サプリメントで補うと思いますが、ビタミンCのように2-3回に分けて摂取したほうが良い物もありますので、どれくれい摂ったらよいかということは、チェックして下さいね。


日焼け後の肌ケア・・・まとめ

「ローマは1日にしてならず…!」

わかっちゃいるけど…で、何も手を打たないと、あとあと回復させるのに何倍も苦労させられます。

回復できたら苦労も努力も報われますが、そうはならないこともしばしば。。。

常日頃から、お肌に対する正しいケアを行っておくことが、お肌の回復力の助けになるんですネ。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑