かかとをツルツルにケアする方法|彼氏にドン引きされる前に!

*公開日: 

mizugi_woman

夏は、サンダルやミュールが大活躍の季節です。

素足でのお出かけも増えますが、
かかとがガサガサなんてことはありませんよね?

あなたの彼氏が、そんなことで態度を変えることはない、とは思いますが、…油断は禁物です。。。

ミュール


夏本番になる前に、素足でサンダルがはけるようにかかとのケアをして、不安な要素はなくしておきましょう。

自宅でできるかかとのケア方法やグッズについてもまとめてあります。

しっかりケアして、キレイな素足で夏をむかえて下さいね。

スポンサードリンク


かかとをツルツルにケアする方法|軽いガサガサなら

冬の間、乾燥してしまった足元をそのままにはしていませんか?
本格的な夏が来る前に、ガサガサかかとをツルツルにケアしておきましょう。

かかとは元々、毛根も皮脂腺もなく乾燥しやすい部分です。
歩くたびに体重がかかったりなどの外からの刺激が加わり、かかとはガサガサになっていきます。

履いている靴の形やサイズ、ヒールの高さが足に合っていないことも、足に負担がかかり、ガサガサの原因になります。

ガサガサのかかとをケアする方法を、症状の軽い順にご紹介していきます。


初期のガサガサなら、ワセリンや保湿クリームを塗ります。

1)お風呂からあがったら、
「ワセリン」をかかとに塗り、ラップを巻いて10~20分おきます。

2)ラップをはずし、靴下をはいたままで寝ます。

ワセリンの油性の保護膜が皮膚の表面にとどまって、
水分が逃げるのを防いでくれます。


あるいは

*尿素配合の保湿クリームを塗ります。
尿素は、角質を分解して柔らかくし、保湿を手助けしてくれます。

※ただし、尿素クリームは使い続けると余計に乾燥することがあるので注意が必要です。症状が改善されたら、他の保湿クリームに変えていって下さい。


かかとケアグッズを使って角質を取る方法を3種類

保湿ケアだけでは効果がない場合でもあきらめてはいけません。
グッズを使って角質を取る方法もご紹介していきます。

<やすりで削る>

かかと専用のやすりは、
粗い面と細かい面がある両面タイプのものがおすすめです。
   ↓   ↓


1)お風呂や足湯でかかとの角質を柔らかくしておきます。
2)しっかり水分を拭き取り、
 やすりの粗い面で一定方向にやさしくこすります。
3)仕上げに細かい面でさっとこすります。
4)ぬるま湯で洗い、水気を拭き取ったらクリームで保湿します。
5)靴下をはきます。

ガサガサが気になるからと、頻繁にケアをすると肌を傷つけてしまいます。
肌にとって必要なバリア機能まで傷つけてしまわないよう、注意しましょう。

<磨く>

スクラブの入ったクリームなどを使ってマッサージし、
肌の表面を磨く方法です。
   ↓   ↓


1)ぬらしたかかとにスクラブを塗り
 指先でくるくると円を描くようにやさしくマッサージします。
2)洗い流します。
3)水気を拭いて、保湿クリームをぬります。

肌を傷つけるリスクが最も少なく、日常的にケアしやすいと言えます。
ただし、肌に負担が少ない反面、一度に除去したい人には不向きかも。。。

<剥がす>

サリチル酸やフルーツ酸など、
ピーリング効果のある成分が入ったジェルなどで古い角質を剥がす方法です。
   ↓   ↓


1)足をキレイに洗います。
2)ジェルが浸透しやすいように
 足をお風呂でふやかしておきます。
3)ジェルに足をひたします。
4)一定時間をおいたら、洗い流します。

*2~3週間で古い角質が剥がれ落ちます。
*むけ終わったら、保湿します。

※角質がキレイにはがれるまでに2~3週間と日数がかかり、剥がれていく時は
靴下をはいていないと、家中に角質をばらまくことになっちゃいますのでご注意を・・・。

※また、肌が弱い人は特に、薬剤が合わないことがあるので、パッチテストは
必ずするようにして下さい。


スポンサードリンク


かかとのガサガサケアを繰り返さないポイントとは?

治ったあとも、かかとのガサガサを繰り返さないようにするには、日頃のケアがポイントになります。

<油分を補う>
元々油分が少ないかかとには油分を補う油膜をつくって、乾燥を防ぐことが必要です。

お風呂上がりのまだ潤っている肌に、ボディクリームなどをマッサージしながら塗ります。

<血行をよくする>
血行が悪くなると、肌のターンオーバーが乱れるので、靴下をはいて冷えを防ぎましょう。
ムレが気になる人は、指先のないサポータータイプのものや、5本指のソックスがおすすめです。

<マッサージ>
血行をよくするため、足の裏全体をほぐすようなマッサージも効果的です。

<靴>
足裏の摩擦や衝撃を和らげるために、クッション性のあるインソールを使うといいでしょう。

※日頃からのちょっとしたケアが、ガサガサかかとを防ぐコツです。


かかとケアの方法・・・まとめ

冬場も、かかとのガサガサケアでは悩まされますが、ソックスが履けたので人の目を気にすることは少なかったと思います。

でも、さすがに夏になって、サンダルにガサガサかかとじゃぁ、彼氏もドン引きしかねません。 浴衣だって着て見せたいし、そうなるとやっぱり”キレイな素足”ってことになりますよね。

今日ご紹介した、「ガサガサが軽症の場合~ガサガサケアを繰り返さない方法」で、あなたのおみ足をつるすべ素足”へ導いてあげてください。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑