夏バテの時とりたい栄養とビタミンやミネラルたっぷりの食材とは?

*公開日: 

夏バテセールス


暑くなってくると、食欲不振やダルさなどの夏バテの症状に悩む人が増えてきます。

夏は、暑さやストレスから胃腸の機能が落ち、食欲もなくなりますし、食事を麺類などの簡単な物で済ませていると、栄養のバランスも乱れてきます。
(ドキッとした人は要注意ですよ~)

食欲がないからと、十分な栄養を摂らないでいるとますます不調になって
暑い夏を乗りきれません。

夏バテした時にとりたい栄養や、
食欲不振に効果的な食材などをご紹介します。

スポンサードリンク


夏バテは栄養の偏りによって引き起こされる

夏バテの主な症状に、「疲労感」と「食欲不振」があります。

暑い日の食事は、つい冷たい麺類などが続いてしまいます。
あなたも心当たりがあるのではないでしょうか?

でもこれだと、間違いなく栄養が偏ってしまいますよね。
栄養のバランスが乱れると、さらに疲れがひどくなります。


また、暑くて汗をかくと、
体内の水分と一緒にミネラル分も体外に出てしまいます。

そして、冷たい飲み物をとり過ぎると胃腸が冷えてしまい、胃の働きが低下して食欲不振につながります。

食欲がなくなると、本来、食事で補充されるはずの、ビタミンやミネラルの摂取量も減ってしまいます。

まさしく負の連鎖・オンパレードといった感じで、夏バテになるように生活をしていることになっちゃいますね。

そうめん


うどんやそうめんなどの炭水化物のみの食事で疲れやすくなるのは、ビタミン不足で炭水化物をエネルギーに変えることができないからです。

汗として体外に出ていったり、消費された栄養は補給する必要があります。

夏バテの解消には、バランスのよい食事を3食きちんと摂ることが大切です。


夏バテを避けるにはビタミンやミネラルが重要

夏に不足しやすい栄養素にはビタミン、ミネラルがあります。
夏バテ対策のためにも、ビタミン、ミネラルを摂ることを意識してみてください。

特に夏に不足しがちな栄養素の
ビタミンとミネラル、その働きをまとめました。

*ビタミンB1
炭水化物をエネルギーに変えるのに必要です。

*ビタミンB2
炭水化物、たんぱく質、脂質が
体内で上手く使われるのをサポートする働きがあります。

*アリシン
ビタミンB1を吸収しやすくし、
ビタミンB1の効果を持続する働きがあります。

*ビタミンC
ビタミンCを補給するとストレスが軽くなり、自律神経が安定します

*クエン酸
疲労物質である乳酸を分解し、
体の外に排出する働きがあります。

*ナトリウム(塩分)
細胞機能の維持には欠かせない
ミネラルで、筋肉や神経を正常に保つ働きがあります。
普段の食事で十分補えます。

*カリウム
体内の余分なナトリウムを体の外へ排出する働きをします。

*ムチン
ネバネバ成分のムチンが弱った
胃腸の粘膜を保護してくれて、
タンパク質の吸収をよくする働きがあります。


スポンサードリンク


夏バテを避けるための栄養素と食材がコレ!

夏バテ対策として、しっかりとりたい栄養素が含まれる食材と、簡単なレシピをご紹介します。

*ビタミンB1を含む食材
うなぎ、豚肉、鯛、ぶり、大豆、玄米、ほうれん草

*ビタミンB2を含む食材
乳製品、納豆、小麦胚芽、アーモンド、卵、肉、緑の濃い野菜

*アリシンを含む食材
にんにく、ニラ、ねぎ、玉ねぎ

*ビタミンCを含む食べ物
トマト、ゴーヤー、アスパラガス、かぼちゃなどの夏野菜

*クエン酸を含む食材
酢、ゆず、グループフルーツ、レモン、梅干

*カリウムを含む食材
海藻類、豆類

*ムチンを含む食材
納豆、やまいも、オクラなどのネバネバ食材

<ネバネバ丼>

・ご飯、・やまいも、・納豆
・オクラ、・ごま油、・ごま

*ご飯の上に材料を乗せ、味付けは
醤油、梅干し、めんつゆなど、お好みのもので。

<そうめんチャンプルー>

・固めに茹でたそうめん、・豚肉
・ニンニク、・ゴーヤ、・卵

*そうめんと材料を炒めて、めんつゆやポン酢で味付けを。

<冷しゃぶそうめん>

・そうめん、・豚肉、・トマト
・きゅうり

*茹でたそうめんの上にゆでた豚肉、きゅうり、トマトを彩りよく乗せる。
*味付けは、ごまだれやめんつゆなどで。


※また、香辛料の刺激は、食欲増進に効果があります。
わさび、こしょう、とうがらしの香辛料や、みょうがやしその薬味なども、上手に使って夏バテを解消してください。


夏バテにならない食生活・・・まとめ

こういう話題の時いつも思うのは、昔の人たちはどうしてこんなことを知ってたんだろう?ってことがあります。

だって、科学とか栄養学というものが無い時代に、すでに生活に取り入れていたってこと結構ありますよね。おばあちゃんの知恵袋…みたいな感じで。。。

今回の記事を参考に、夏場の食事に反映させていただければ、夏バテにならず、なったとしても軽く済ますことができますので、ぜひ取り入れていただければと思っています。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑