夏の乾燥肌原因は冷房のせい?正しい洗顔やお手入れ法とは?

*公開日: 

職場 エアコン外出・通勤
夏なのに”乾燥肌の話?”って思われた方、一読の必要があります。。。

夏は汗をかき、肌がしっとりしているように感じますが、実は乾燥肌になる
人も多いんですよ。あなたは身に覚えありませんか?

夏場なのに肌を乾燥させてしまう原因のひとつに冷房があります。
暑い夏は、職場はもちろん、家でも冷房を使うことが増えますからね。

ですが、夏の乾燥肌の原因は冷房だけではありません。

夏に肌が乾燥してしまう原因や、夏こそ気をつけたいお手入れについてお伝え
します。

スポンサードリンク


夏の乾燥肌の原因は冷房のせいもあるけれど・・・

夏は汗をかいて肌の表面がしっとりしているので、肌が乾燥しているという実感はあまりありませんよね。

実は汗をかくと、本来肌が保有すべき水分も、汗と一緒に蒸発します。
肌の表面には皮脂だけが残るので、肌が潤っていると勘違いしてしまいますが、実は肌の内側は乾燥しているんですよ。

特に、冷房の効いた部屋では、汗をかいてもすぐに蒸発するため、乾燥肌の原因になりやすいのです。

例えば、朝の通勤で汗をかいて会社に到着、冷房が効いた部屋に入った途端、冷房によって乾いた空気で、肌の水分が奪われてしまいます。

不快感がないので気づきにくいですが、肌は確実にダメージを受けているんですよ・・・イヤですよね。

そんなときはまず、体内に水分を補給することが大切です。
水分を摂ることで、巡りがよくなり肌の調子も整ってきます。

また汗をかいた時は、こまめに拭くようにします。
水分を含んだ角質層は傷つきやすいので、こすったり、強くおさえたりしないようにハンカチで吸い取るようにします。

そのあと、ミストなどを吹きかけて水分補給をしてあげます。
手のひらにオイルを1滴伸ばし、顔をおさえるようにしてつけてもOKです。


夏に乾燥肌を引き起こすのは誤った洗顔のせい?

夏になると肌のベタつきが気になり、顔の表面の脂を落とそうと、ついゴシゴシと洗顔してしまう人も多いのではないでしょうか。

夏の肌は水分が蒸発して不足しているため、肌を守ろうと皮脂の分泌が活発になり、さらにベタついた状態になるのです。

ベタつきを落とす洗顔が、ますます水分不足の乾燥肌を作ることになります。

また、角質層にダメージを与えるような洗顔は、乾燥肌の大きな原因になるので、やさしい洗顔・こすらない洗顔を心がけてくださいネ~。

洗顔の時はぬるめのお湯と、たっぷりの泡で、なるべく指が肌に触れないように洗い、短時間で終わらせるようにしましょう。

また、紫外線対策で日焼け止めを塗っている人もいらっしゃると思います。

汗や水に強いウォータープルーフタイプは、肌への密着度が高いため、専用のクレンジング剤が必要です。

専用クレンジング剤やオイルクレンジ ングなどは洗浄力が高い分、肌に必要な皮脂を落としすぎてしまって、肌が乾燥してしまうこともあります。

普段使いは、クリームやジェルタイプなど、通常の洗顔剤で落ちるタイプのものを選び、日中はこまめに塗り直すのがいいと思いますよ~。


スポンサードリンク


夏の乾燥肌は正しいお手入れ次第で改善可能です!

夏の乾燥肌のお手入れについてです。

夏は、クリームや乳液をつけると
ベタつきが気になるという人も多いと思います。

実際、夏のスキンケアは化粧水だけという人もいますよね。
ですが、保湿をしないと乾燥肌へまっしぐらです。

洗顔後の肌は、油分が減ってすでに乾燥状態なので、化粧水の保水だけでは、すぐに肌は乾燥していきます。

なので、化粧水でたっぷりと水分を補給し、乳液やクリームでしっかりフタをして、水分の蒸発を防ぐというケア方法がいいでしょう。

化粧水・保湿液などが入った美容液は、1回でケアできるので、お手入れに取り入れるのも1つの方法です。

夏でも油断せずに水分補給と水分を閉じ込めるケアが大事です。

冷房の乾燥に負けない肌をめざしましょう。


夏の乾燥肌対策・・・まとめ

”乾燥肌”って言うと「冬場の話題?」って思ってしまいますよね。

でも実態は、クーラーという便利な文明の利器だったり、あるいは誤ったお手入れ方法によって、乾燥肌を招いてしまうことがわかってきました。

クーラーなんていうのは昔はなかったわけですから、そういう意味では時代に合ったお手入れ方法があるというのも納得ですよね。

今日の話を参考に、職場のクーラーによる乾燥に負けないように、毎日のスキンケアをしていってくださいね。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑