髪の紫外線対策 トリートメントやスプレーでダメージ知らず

*公開日: 

トリートメント


夏は紫外線が最も多く降り注ぎます。

紫外線対策で、顔やボディには日焼け止めを塗っても、つい忘れがちなのが髪です。

この夏、海や山のレジャーを予定している人も多いと思いますが、顔やボィと同じように、髪にも紫外線対策は必要ですよ。

髪が紫外線で大きなダメージを受けないための、対策やケア方法をまとめました。

スポンサードリンク


髪の紫外線対策をサボると大きなダメージが・・・

顔やボディにはしっかりと日焼け止めを塗っても、意外と忘れがちなのが髪の紫外線対策です。


髪はタンパク質でできています。

髪が紫外線を浴びると、髪を構成しているタンパク質が分解していきます。
そのため、髪の毛の表面を覆っているキューティクルがはがれて内部が乾燥してしまいます。

そうして、抜け毛や切れ毛などのダメージが出てくるのです。

また、毛髪内部のメラニン(色素)も分解してしまうので、赤茶けて焼けたような色になり、カラーをした髪も退色していきます。

何もしないでいると、一気にダメージへアになってしまいます。
また髪は、一度受けたダメージがなかなか修復しずらい部分です。

髪の紫外線対策がとても大事ということが、おわかりになったと思います。

では、紫外線から髪を守るための対策です。

まずは、紫外線をカットしてくれるUVカット効果のある日傘や帽子で髪を守りましょう。

ロングヘアの人は、出来るだけまとめ髪にして、紫外線にあたる部分を最小限にします。


髪の紫外線対策ならトリートメントで髪をコーティング

髪を紫外線対策として、UVカット効果があるシャンプーやトリートメントを使っている人も多いでしょう。

中でも、髪をコーティングするような洗い流さないトリートメントがオススメです。手軽に使え、紫外線を防ぎながらツヤ髪にもなれます。


こちらは、10種類の天然オイル成分をはじめ、UVカット成分が入っています。
   ↓   ↓


植物性オイルは、保湿効果やバリア機能を持つものがあります。

中でも、椿油は酸化しにくいため保湿効果やバリア機能が持続します。
また、紫外線(UV-B)の吸着力が強いため、紫外線カットの効果が高いオイルです。
   ↓   ↓


頭皮や髪が乾燥していると、紫外線による影響を受けやすく、ダメージも大きくなるので、洗い流さないトリートメントなどで毛先に特別なケアもプラスしてみてください。


スポンサードリンク


髪の紫外線対策でレジャーならスプレーの出番?

夏に海や山でのレジャーを予定している人には、強い紫外線対策にスプレーを使う方法もあります。


顔はもちろんボディから髪まで、全身につかえる日焼け止めのスプレーがあります。

1本で全身に使えるのは、なんといっても手軽です。

ノンアルコール、ノンパラペン、無鉱物油で子供にも使えるUVカットスプレーです。白くならないので髪にも使えます。
   ↓   ↓


山でのレジャーでは、標高が高くなると紫外線のエネルギーが強くなるので、日焼け止めを使い、帽子をかぶってしっかり紫外線対策をしてください。

海では髪に海水がついたままだと、髪の内部の水分がどんどん外へ出て乾燥していきます。
そこへ紫外線を浴びてしまうと、髪はますます乾燥が進みます。

なるべく早くシャワーで海水を洗い流すようにします。


紫外線を浴びたあとのシャンプーは、髪よりも頭皮を洗うようなイメージで力を入れすぎないように洗います。

シャンプーの量が多かったり、泡立てずに直接頭皮につけたりすると、余計にダメージが大きくなります。
シャンプー後は、しっかり水気を切ってトリートメントをしてください。


髪の紫外線対策・・・まとめ

シミやシワが気になる顔には、しっかりと日焼け止めを塗っても、髪はそのままという人も多いのではないでしょうか?

夏のレジャーで、髪に紫外線を浴びせ放題にしていると、パサパサに傷んで年齢より老けて見られることにもなります。

それに、傷んだ髪はなかなか修復できないんです。

お伝えしたように、トリートメントや日焼け止めスプレーを使い分けて、大きなダメージを受けないようにケアしてくださいね。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑