とびひの症状の子供は保育園にいつから行ける? 予防するには?

*公開日: 

かゆい男の子

夏になると、とびひに感染する子供が増えます。

とびひはかゆみを伴うので、引っ掻いてしまうととびひの範囲を広げてしまいます。なので、早い段階で発見してあげたいですよね。

またお子さんを保育園に預けているお母さんは、とびひになったらいつから行けるのかというのも気になると思います。

とびひの症状や対処法、またとびひにならないための予防策をお伝えします。

スポンサードリンク


とびひの症状 子供はあっという間に全身に!

「とびひ」は正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言われます。

皮膚の浅い部分に細菌が感染し、水ぶくれや膿疱(のうほう・中にうみの入った水ぶくれ)、かさぶたができる病気です。

とびひには2種類あります。


*水疱性(すいほうせい)膿痂疹(のうかしん)の原因と症状

主に子供(乳幼児)に多く、黄色ブドウ球菌が原因です。
汗をかきやすく、高温多湿で細菌も増殖しやすい夏に多い病気です。
虫さされやあせも、擦り傷をひっかいて感染を起こします。

症状は、かき壊したところに水ぶくれができて、さらにそのまわりが赤くなっていきます。水疱内は始めは透明ですが、次第に膿が入ってきます。

水泡や膿疱は膜がうすいので、簡単に破れます。
水疱や膿疱の中の液には、菌や毒素が入っているので、この液がしみ出たり破れたりして周りの皮膚に触れると、新たな水疱や膿疱を作ることになります。

かゆいので、とびひをかいた手で他のところに触れると、あっという間に全身に広がってしまいます。

黄色ブドウ球菌は、鼻の穴や耳の穴、のど、皮膚などにも住んでいる常在菌ですが、バリア機能が弱まった肌に入ると、菌が増殖し毒素によりとびひになってしまうのです。


*痂皮性(かひせい)膿痂疹(のうかしん)の原因と症状

溶連菌の1種のレンサ球菌が原因で、季節や年齢に関係なく発症し大人に多く見られます。

症状は、赤く腫れたところに小さな膿疱ができつぶれてただれたところに厚いかさぶたができます。
発熱や全身が真っ赤になることもあります。


とびひは、早いうちに治療を行えば、症状の広がりを抑え、短期間で治すことができます。

お子さんに気になる症状があったら、すぐに皮膚科か小児科を受診してください。


とびひにかかったら保育園にはいつから行ける?

子供にとびひの症状が見られたら、すぐに皮膚科k小児科を受診するのが大切です。
治療は、飲み薬と塗り薬(抗菌薬)が中心になります。

子供を保育園に預けている場合は、いつから行けるか気になりますよね。

とびひは、他の園児にうつす可能性があります。

基本的には病院で治療を受け、患部をガーゼや包帯などで覆っていれば通園は差し支えないとされています。

ですが、保育園によっては独自のルールを設けている所もあるので、確認してみたほうがいいでしょう。

また、とびひが顔などにできた場合や範囲が広い場合は、休ませた方が無難です。


病院で治療を受けながら、おうちでできるケアについてお伝えしておきます。

シャワーをこまめに使い、そのたびに患部も洗います。

*患部(ジュクジュクした部分、かさぶたになった部分)は、石鹸をよく泡立てて手で静かに洗います。
*シャワーで十分流します。
*洗ったあとは、乾いたタオルで軽く押さえるようして水分を吸い取ります。
(タオルの共用はさけます)
*患部に薬をぬって、ガーゼで覆います。
*衣類は綿素材の吸湿性のよいものを選び、よごれたらすぐに着替えさせます。
*暑いとかゆみもますので、エアコンで快適な室温に。


スポンサードリンク


とびひを予防するにはどんなことに気をつければ…?

とびひを予防するために、ふだんから注意しておくことをお伝えします。

*汗をかく夏は、こまめにシャワーを浴びて皮膚を清潔にしておきましょう。

*外出後や遊んだあとの手洗いはしっかり行い、爪は短く切っておきます。

*虫さされや擦り傷は早めに治療します。

虫に刺されたら、乳児の場合は際限なくかきむしってしまいます。
早めにかゆみ止めを塗ってあげたり、かき壊さないようにかゆみが収まるまで
絆創膏を貼るなど工夫してみてください。

もしケガをしたら、できるだけ患部を清潔に保ちましょう。

*鼻の中にはブドウ球菌が多くいるので、鼻をいじるのはやめせます
鼻の下からとびひが発症することもよくあります。


また、肌の弱い子やアトピー性皮膚炎の子供はとびひになりやすいので、特
注意が必要です。


とびひの症状と予防・・・まとめ

夏になると増えるとびひについてお伝えしました。

とびひは皮膚の小さなひっかき傷から菌が入ることで感染するので、傷を作らないよう注意することが予防になります。

とびひの症状が疑われたら、すぐに皮膚科を受診してください。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑