そら豆には美容や健康効果があるらしい|食べやすいレシピも

*公開日: 

3457b2f0dd2e16dcbaab7f95756dd7d0_s

そら豆は独特なニオイがあるので、
あまり食べないという人も多いのでは。。。

けれど、この”そら豆くん”、栄養価が高く美容にも効果的ということで、最近注目されている食材だって知ってました~~?

健康・美容に効果を発揮してくれるそら豆の栄養についてまとめました。

そら豆のパワーを知ったら、食べないのはもったいないと感じるかもしれないですよ。

ニオイが気にならないレシピもあるので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク


そら豆の栄養が美容にどんだけ効果的か

そら豆は、さやが天に向かって育つため「空豆」と名付けられたといわれています。中華料理で使う「豆板醤(トウバンジャン)」は、そら豆が原料です。

146157



そら豆には、栄養が凝縮しています。

<そら豆に含まれる栄養>

タンパク質は全体の10%以上を占めます。
カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンK、葉酸、亜鉛、鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウム、レシチン、食物繊維など

このように、そら豆は比較的栄養バランスが整った食材です。
しかも、コレステロールはゼロです。

では、そら豆に含まれる栄養が美容にどんな効果があるのか見ていきましょう。

・肌荒れ・髪・爪のトラブル
そら豆は亜鉛、ビタミンB群を多く含みます。

亜鉛やビタミンB群が足りないと、湿疹などの肌トラブルの原因となります。
また亜鉛は、爪や髪の美しさをキープするためにも必要です。

・むくみ
そら豆には、身体にとって不必要なナトリウムを排出してむくみを解消するカリウムが多く含まれています。

・便秘
そら豆には食物繊維が多く、便秘を解消する作用があります。
うす皮ごと食べると、より多く食物繊維が摂れます。

・ダイエット
そら豆に含まれる食物繊維は、水を吸収して膨らむ性質の不溶性食物繊維が多いので、満腹感を得られるので食べ過ぎ防止につながります。

また、レシチンは脂質代謝を高める働きがあります。

*食物繊維は皮により多く含まれているので、皮ごと食べるのがオススメです。


そら豆は健康効果もハンパない・・・

030850

そら豆は、健康効果も期待できます。

どんな健康効果があるのかをまとめました。

・貧血
そら豆には、栄養や酵素を身体のすみずみまで送り届ける働きのある鉄分が豊富です。 貧血予防や持久力アップに役立ちます。

・疲労回復
炭水化物をエネルギーに変える働きのビタミンB1が、疲労物質が体内に溜まるのを防ぎます。
そら豆のビタミンBは、牛肉のサーロインの約5倍も含まれています。

・生活習慣病予防
組織の老化を防ぐビタミンB2や余分なコレステロールを血管壁に付着するのを防ぐレシチンの働きで、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病予防への効果が期待できます。

・肝臓の機能を保護
レシチンは肝臓を保護する働きがあります。
お酒を飲む時に、そら豆をおつまみにすると、二日酔いを防ぐ働きもあります。

そら豆はお酒のおつまみに最適かもしれないですね。


スポンサードリンク


そら豆のレシピで人気1位なのがコレ!

そら豆の独特のニオイは、塩茹でにした時が一番感じるのではないでしょうか。そのニオイが気にならないレシピをご紹介します。


まずは、そら豆の選び方です。

さやが鮮やかな緑色で、全体がピンとはり豆の形がくっきり出ているものを選びましょう。

むき豆は、手間は省けますが鮮度はすぐに落ちてしまいます。

<そら豆とエビのオリーブオイル炒め>

そら豆は焦げ目がつくまで炒めると、香ばしくなります。
パスタにも応用できそうです。

材料(2人分)
そら豆(さやから出して)・・・1カップ
小エビ・・・・・・・・・・・100g
エリンギ・・・・・・・・・・1/2パック
赤唐辛子・・・・・・・・・・1本
ニンニクの薄切り・・・・・・1かけ分
ローリエ・・・・・・・・・・1枚
パセリのみじん切り・・・・・大さじ1
オリーブオイル・・・・・・・大さじ1.5
塩・こしょう



作り方
1)エビはカラをむき背わたをとる
 エリンギは縦4等分し幅1.5cmに切る
 赤唐辛子はヘタち種をとる
2)フライパンにオリーブオイルを熱し、
 そら豆(皮付き)、エリンギ、ニンニクを入れ、
 弱火で4分ほど炒める
3)エリンギがしんなりしたら中火にし、
 エビ、ローリエ、赤唐辛子を加えて炒める
4)エビの色が変わった段階で、
 塩、こしょうをふり炒め合わせる
5)器にもり、パセリをふる

<そら豆、豆腐、トマトのチーズ焼き>

材料(2人分)
そら豆(さやから出して)・・・3/4カップ
もめん豆腐・・・・・・・・・1/2丁
トマト・・・・・・・・・・・小1個
ピザ用チーズ・・・・・・・・50g
オリーブオイル・・・・・・・大さじ2
塩・こしょう



作り方
1)豆腐は軽めの重しをして20分ほどおき、
 水けをきって2cm角に切る
2)豆腐、塩小さじ1/3、こしょう少々、チーズ1/2量
 をボールに入れて軽く混ぜ、耐熱容器に敷く
3)そら豆(皮付き)、トマト、オリーブオイル、塩、こしょうを
 ボールに入れて混ぜ、(2)の上に乗せ、残りのチーズを散らす
4)オーブントースターできれいな焼き色がつくまで焼く


*そら豆は、味が落ちやすいのでさやつきでも早く食べるのが一番です。
*食物繊維は皮により多く含まれているので、皮ごと食べるのがオススメです。


そら豆・・・まとめ

今、注目のそら豆の栄養についてお伝えしました。

こんなにも栄養があったとは驚きでした。

しかも美容にも健康にも効果を発揮してくれると知った以上は、せっせと食べなきゃですよね。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑