まつげが抜けた人必見!伸ばすためにやっておきたい方法とは?

*公開日: 

makeup_henshin
「まつげが抜けた!」という女子が最近増えているらしいです。

目元の印象はとても大事。
そのためあなたもアイメイクを毎日ガンバってるんですよね。

でも、まつげが抜けた!という人は、がんばったメイクが影響して
いる場合があるようです。

まつげが抜ける原因と、健康的なまつげに伸ばす方法をお伝えします。

スポンサードリンク


まつげが抜けた原因はなに?

アイメイクは顔の印象を決める大きなポイントになります。
そのため、アイメイクに力を入れる女性も多いことでしょう。

ですが、そんな毎日のメイクや習慣がまつげを傷め、抜ける原因ともなっています。まつげが抜けた原因になっているかもしれない、まつげを傷める行為をまとめました。

*エクステ、まつげパーマ
エクステの接着剤やパーマ液は化学物質なので、まつげには大きなダメージがあります。

*濃いアイメイク
濃すぎるアイシャドウやアイライン、マスカラの重ね塗り、つけまつげはまつげの毛根に大きなダメージを与えます。

*古いビューラー、ホットビューラー
ビューラーのゴムが古いまま使い続けると、切れ毛の原因になります。
※ホットビューラーは、水分を奪ってしまうのでまつげが痛み、抜けやすくなります。

*メイク落とし
メイクをしっかり落とそうとゴシゴシと目もとをこすると、抜け毛や切れ毛の原因になります。
※逆に、クレンジングをしっかりしないと、肌に残ったメイクが毛穴を塞ぎ抜け毛を起こしやすくなります。


まつげはおよそ3~5か月で生え変わりますが、上のようなダメージが続くと生えてくる前にどんどん抜けていってしまいます。

そうならないよう、ダメージを緩和してまつげを健康的に伸ばす方法をお伝えします。


まつげを伸ばす方法~まつげケア編


デリケートなまつげは、少しの刺激でも抜けてしまいます。

自分のまつげを伸ばしたいという人は、今までのアイメイクや生活習慣を見してみるのも必要かもしれないですね。まつげを伸ばすには、ダメージを与えないようにしてまつげケアをするのが大切になります。

具体的にまつげを伸ばす方法をご紹介します。

*つけまつげ・エクステ
自分のまつげを伸ばしたい時には避け、まつげを休息させてあげます。

*アイメイク
アイラインは毛穴を詰まらせる原因になります。
まつげをしっかり成長させるために、まつげの間をアイラインで潰すのはやめましょう。

*ビューラー
ゴムの劣化具合をチェックして、定期的に新しいものに取り替えます。
カールを長持ちさせたくて、力いっぱい握るなんて厳禁です。
根本、真ん中、毛先と3回に分けて、押さえる程度の力で。

*メイク落とし
アイメイクの汚れは、優しくていねいに落とします。
アイメイク専用のリムーバーをコットンにしみ込ませてからやさしく拭き取ります。

*まつげケア
まつげにとって保湿はとても重要です。

まつげにリップクリームやワセリンを塗るとまつげが伸びるという噂をよく聞きます。これは保湿による効果と言われています。

まつげの保湿を考えるなら、やはりまつげ専用の美容液がおすすめです。

まつげ専用の美容液には、保湿成分とともに配合されている育毛に効果的な
成分で、まつげの成長を促進してくれます。


スポンサードリンク


まつげを伸ばす方法~栄養編


まつげを伸ばす方法の栄養面についてご紹介します。

まつげを育てるには、髪と同じ育毛成分が必要です。
つまり、髪に良い食材は、まつげの育毛にも効果的ということになります。

まつげの育毛に効果的とされる栄養素とそれらを含む食材は以下に通りです。

*タンパク質
まつげの主成分は、アミノ酸で構成されているケラチンというタンパク質です。
タンパク質を含む食材:乳製品、大豆、卵、肉類、魚など

*ヨード
発毛を促進するといわれる栄養素です。
良質なタンパク質と一緒に摂る必要があります。
ヨードを含む食材:海草類

*ビオチン
ビオチン不足になると、アミノ酸からタンパク質をスムーズにつくることができなくなるので、脱毛屋や皮膚炎をおこすこともあります。
ビオチンを含む食材:卵黄、魚介類、ヨーグルト、大豆

*亜鉛
毛の主成分であるタンパク質の合成を助けるミネラルです。
亜鉛を含む食材:生牡蠣、カニ、豚レバー、牛乳、納豆

*ポリアミン
細胞の生まれ変わりを促進し、新陳代謝を活性化する働きがあります。
ポリアミンは、まつげ用美容液やまつげ用サプリメントの主成分としても活用されています。
ポリアミンを含む食材:納豆、醤油、味噌などの大豆発酵食品、きのこ類


最近では、まつげに必要な栄養素が入ったサプリメントも販売されています。


大切なまつげ・・・まとめ

まつげが抜ける原因と伸ばす方法についてお伝えしました。

まつげのメイクに気を取られ、まつげのダメージについては気付かないことが多かったと思います。

まつげを伸ばすには、まずはまつげに悪いメイク法や生活習慣を改善することから始めてみてください。

キレイは食事からとよく言われますが、まつげも例外ではないんですね。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑