七五三の内祝い両親へのお返しは?気をつけたいマナーがコレ!

*公開日: 

千歳あめ

七五三は、子供の成長と健康を祈る行事です。

孫の成長を楽しみにしている双方の両親や親戚から、七五三のお祝いをいただくことがあるかもしれませんよね。

七五三のお祝い、お返しは不要と言われていますが、実際にいただいた人によると、やはりもらいっぱなしは本当は失礼じゃないのかと、気になったといいます。

このようなケースが多いせいでしょうか、最近では、内祝いとしてお祝いのお返しをするケースも増えているようです。

こういった、七五三の内祝いのマナーについてまとめました。

スポンサードリンク


七五三の内祝いで相手が両親の場合のオススメ


七五三の内祝いは基本的には必要ないとされ、縁起物の千歳飴やお赤飯を贈るのがお礼とされています。

実家の両親にとっても、孫の成長は嬉しいものですから、高額なお祝いをいただくこともあるかもしれませんネ。

両親が奮発してくれると、お返しとして内祝いを送った方がいいのか迷いますよね。

最近は、実家からのお祝いをいただいたら、改まった内祝いは贈らずに、双方の両親をレストランなどでの食事会に招待して、一緒にお祝いする家族が増えています。


実家の両親が遠方の場合は、内祝いとしてお菓子や日用品を贈るのが一般的になってきました。

その際は、内祝いの品にお礼状とともに七五三の記念写真を添えれば、喜ばれるのは間違いないでしょうね。

※また、内祝いはいらないと前もって言われている場合など、写真を添えたお礼状を送るだけでも、気持ちは伝わると思います。


七五三のお祝いは内祝いとしてお返しを考えよう


親戚など
から七五三祝いをいただいた場合、内祝いはお菓子やタオルなどの日用品が使われます。

最近では、カステラやケーキに子どもの名前を入れてくれるサービスもあります。

お返しの金額は、お祝いにいただいた金額の1/3から1/2程度が相当です。

お返しとしての内祝いは、気を使わせてしまったと思われない程度の受け取りやすい物を選びましょう。

お祝いをいただいたら、思わぬ高額だったということもあるので、いただいた金額にあわせて、内祝いを分けてもいいかもしれません。

お祝いをいただいた人とのお付き合いの関係により、柔軟な対応でいいと思います。

内祝いはできるだけ早く、2~3週間以内には贈りましょう。

迷っているとお返しの時期を逃してしまうので、気をつけてくださいね。


スポンサードリンク


七五三で内祝いを贈る時のマナーって知ってる?

七五三の内祝いを贈る時のマナーについてです。

内祝い-のし
七五三はお祝いごとなので、紅白の蝶結び(花結び)の水引”のし紙”をかけます。
(子供のお祝いは何回祝っても良いことから、何度でも結び直せる蝶結びを使用します)

表書きは「内祝い」あるいは「七五三内祝い」とし、下段に子供の名前のみ(名字はいれません)書きます。

郵送する時の差出人は、親の名前です。


兄弟で同時に七五三を迎え、お祝いを別々にいただいた場合は、内祝いも別々に贈るのがマナーです。

お菓子や日用品などの品物は、それぞれを別梱包で、のしも別につけます。

郵送する場合には、外側の梱包は一つでも中身が1人1つのパッケージになっていれば問題ありません。


内祝いを贈る場合は、あまり遅くならないよう2~3週間以内には済ませましょう。


七五三の内祝い・・・まとめ

七五三の内祝いについてお伝えしました。

七五三祝いのお返しはいらないとされてきましたが、最近ではお返しを贈る家庭も増えました。

初めての七五三だと準備も大変だと思いますが、子供が主役のお祝いです。

子供の衣装から内祝いまで、お父さん、お母さんでよく相談の上、準備をしていってくださいね。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑