髪パサつきの原因はNGケアのせい!?改善には正しいヘアケアで

*公開日: 

トリートメント

ヘアケアをきちんとしているつもりなのに、なんだか髪のパサつきが気になることありませんか?

毎日のヘアケアで、思わずやってしまっているNGなケアがあるとしたら…髪のパサつきは、そのNGなヘアケアが原因かもしれません。

髪のパサつきの原因になる、やってしまいがちなケアと正しいヘアケアについてまとめました。

ぜひチェックして、ツヤ髪を目指してくださいね。

スポンサードリンク


髪パサつきの原因はNGなケアをしているせいかも

髪のパサつきの原因は、髪の水分や油分が少なくなったり、髪に十分な栄養が行かなくなることにあります。

1日に何度もシャンプーしたり、洗浄力の強いシャンプーを使う
と髪の水分や油分が不足し、髪のパサつきの原因になります。

また、シャンプー後の髪の乾かし方も髪のパサつきに関係してきます。
早く乾かしたくて、ドライヤーを高温にすると髪の温度が高くなり、髪のパサつきにつながります。

逆に、ドライヤーは髪が傷むからと自然乾燥させる人がいますが、それも正しいケアとはいえません。

シャンプー後の濡れた髪は、キューティクルが開いた状態なので、そのままだと水分が蒸発してしまいます。

朝シャンして髪を乾かさずに外出するのは、紫外線やほこり、乾燥などでダメージを受けやすく、髪も頭皮も無防備な状態でさらすことになりとてもキケンです。

毎日何気なくしているシャンプーやドライヤーが、髪のパサつきの原因につながっているかもしれません。

正しいシャンプーの仕方と正しいドライヤーの使い方についてお伝えしていきますので、ぜひチェックしてみてください。


髪のパサつきを改善するにはNGケアを見直すべし

髪のパサつきを改善するには、正しいヘアケアが大切です。

ヘアケアの基本である正しいシャンプーの仕方とドライヤーの使い方をお伝えします。

あなたのヘアケアがNGケアになっていないか、見直してみてくださいね。

<正しいシャンプーの仕方>
1)シャンプー前に、ホコリ、もつれを取ります。
 目の粗いブラシで、オールバックにするように
 前から後ろに向かって髪全体をブラッシングします。

2)ぬるめのお湯で予洗いします
 髪全体を38~40℃位のお湯で予洗いします。
 お湯が熱すぎるとキューティクルが開いてしまうので、気をつけましょう。

3)シャンプーを泡立てて洗います
 シャンプー適量を手に取り、泡立てて毛先から泡をのせていきます。
 毛先がほぐれて柔らかくなり、指通りがなめらかになります。

・大量のシャンプーは、髪や頭皮を守る皮脂まで
 洗い流してしまうので、使いすぎに注意です。

・指の腹を使って、頭皮全体をマッサージするように洗います。

4)シャンプーが残らないようにしっかりとすすぎます
 髪の中に手を入れて頭皮をマッサージするように流します。
 3分くらいかけて、しっかり流します。

5)トリートメントをします
 髪の水けを軽く切って、
 髪の中間から毛先にトリートメントをつけます。
 3~5分おいてから洗い流します。


*コンディショナー・リンス・トリートメントの違い

コンディショナーとリンスは、基本的に同じ働きをします。

トリートメントとコンディショナー(リンス)は浸透力に違いがあります。
コンディショナーは髪の表面をコーティングし、トリートメントは髪の内側まで浸透して髪を補修します。


スポンサードリンク


髪のパサつきには正しいヘアケアの習慣化で

髪のパサつきの対策には、
正しいヘアケアを習慣化してしまうことが一番です。

シャンプーの次は、正しい髪の乾かし方についてお伝えします。

<正しい髪の乾かし方>
1)髪の水分を絞ったら、頭全体をタオルで覆い
 指で押さえるように髪の根本の水けを取ります。
 毛先はタオルではさんでプレスする感じで水分をぬきます。

・タオルでゴシゴシ拭くのは、NGです。

2)ドライヤーで根本、中間から毛先の順に乾かします
 手ぐしを通して髪を持ち上げながら根本に温風をあてていきます。

・同じ所ばかりに風をあてないように、20cmは離して頭皮、根本を乾かします。
 そのあと、中間から毛先の順に乾かします。

3)おおかた乾いたら最後に髪全体を冷風で冷やして
 キューティクルを引き締めます。


*ドライヤーで乾かしている途中でブラシを使うと髪の毛を傷めるので、髪が乾いたあとにブラッシングします。

乾かすだけでなく、頭皮や髪のケアできるという高機能のドライヤーです。
    ↓   ↓


髪のパサつきには、
補修効果の高い洗い流さないトリートメントもオススメです。

洗い流さないトリートメントは、
オイル、ミルク、ミスト、ジェルなどさまざまなタイプがあります。
髪の状態によって、合うものを選びましょう。

*洗い流さないトリートメントは、髪の中間から毛先にかけてつけ、頭皮にはつけないようにしましょう。


髪のパサつき・・・まとめ

髪のパサつきの原因や改善方法についてお伝えしました。

水分不足や乾燥という状態は、お肌だけでなく髪にも大きなトラブルを起こしてしまうんですね。

最近、髪のパサつきが気になるという人は、一度基本のヘアケアを見直してみてくださいね。

ツヤのある髪になるか、ダメージヘアにしてしまうのかは、毎日の基本のヘアケアにあるようです。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑