京都時代祭2016の行列のコースと有料観覧席について

*公開日: 

20101022OKYA0033AGMC
毎年10月22日に催される時代祭は、京都の三大祭りの一つです。

動く歴史絵巻とも言われる行列は、総勢約2,000名、約2キロにも及びます。

豪華な大行列の見どころや見物する際の注意点、行列のコースに設置される有料の観覧席についてまとめました。

スポンサードリンク


京都時代祭の行列は歴史絵巻物

京都の時代祭は、平安神宮の祭礼として毎年10月22日に行われています。

明治28年に、平安遷都1100年を記念して平安神宮が創建され、奉祝する行事として時代祭は始まりました。

時代祭の大行列は、明治維新時代から平安京の延暦時代までさかのぼります。

約2,000名の市民が各時代の装束を身につけ、京都御所から平安神宮を目指して約4.5キロの道のりを歩くのです。

各時代ごとの衣装や祭具、調度などは綿密な時代考証のもとに作られていて、素材や染色などは当時に近い形で再現されています。

時代祭の大きな見どころは、こうした伝統工芸技術の粋を集めて復元された本物を見られることです。

時代祭の行列の順序は、明治維新時代・江戸時代・安土桃山時代・室町時代・吉野時代・鎌倉時代・藤原時代・延暦時代とさかのぼり、ご祭神の行列の
神幸列へと続きます。

12時に京都御所を出発して、行列の先頭が平安神宮へ到着するのは2時半頃になります。


京都時代祭はコースの下調べやお天気もチェック

京都時代祭の日程とコースです。

日時:2016年10月22日(土)
   雨天の場合は10月23日に順延
時間:12:00から
場所:京都御所から平安神宮

アクセス
京都御所:地下鉄烏丸線 今出川駅 徒歩5分
     市バス 烏丸今出川 徒歩5分

平安神宮:地下鉄東西線 東山駅 徒歩10分
     市バス 京都会館美術館前 徒歩5分

京都時代祭のメインとなる行列のコース・時間は次の通りです。

12:00 京都御所を出発 →  12:30 烏丸丸太町 →
12:50 烏丸御池     →  13:20 河原町御池 →
13:40 三条大橋   →  14:10 三条神宮道   →
14:30 平安神宮に到着

京都観光協会の行列コースの地図があります。
   ↓   ↓
https://www.kyokanko.or.jp/jidai/course.html

今年の時代祭は土曜日で、かなりの混雑が予想されるので、行列が始まるよりもかなり早めに場所を確保した方がいいでしょう。

時代祭の行列を見る際の注意点があります。

当日は大変混雑するので、傘の使用はできません。

また、行列には馬や牛もいます。
馬や牛が暴れると危険なので、フラッシュ撮影は禁止です。

ゆっくりと行列を見たいという人には、有料の観覧席があります。


スポンサードリンク


京都時代祭の有料観覧席情報

京都時代祭では、有料の観覧席が京都御所、御池通、平安神宮道の3ヶ所に設置されます。

観覧席は指定席になっているので場所取りの必要がなく、行列の説明などが書かれたパンフレットがもらえます。

平成28年時代祭の有料の観覧席は8月23日(火)から販売されます。

料金: 1席 2,050円(全席指定 パンフレットつき)
インターネットでの販売は以下から

旅の発見ティー・ゲート
http://goo.gl/cv06ra

チケ探
http://ticketan.net/detail/?js=T08000011&j=000000016

問い合わせ:
   京都市観光協会 075-213-1717
    

出発のところを間近で見たいという場合は京都御所の有料観覧席、長い行列を一望したい場合には御池通りの有料観覧席を選ぶといいかもしれません。

当日は行列が到着する30分前には、観覧席につくようにしてください。

なお雨で順延の場合、観覧席券は翌日の23日にそのまま利用できるので、余裕のある旅行日程を組むことをおすすめします。

祭の実施や順延については、京都市観光協会(075-213-1717)で午前7時より案内しています。


京都 時代祭・・・まとめ

京都の時代祭についてお伝えしました。

各時代衣装や祭具、乗り物などが全て厳密な時代考証を元に作られているのはさすが京都という感じですね。

また参列者は何ヶ月も前から、隊列や着付けの練習などを重ね、当日も早朝から着付けをして本番を迎えるそうです。

京都をおいて他にはまねのできないお祭りです。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑