枕の高さが原因で肩こりや頭痛に!?選び方から調整方法まで

*公開日: 

suimin_woman

朝起きてすぐに、肩こりや頭痛に悩まされている人は、もしかしたら枕の高さが原因になっているかもしれません。

合わない高さの枕を使っていると、首や肩、腰などに負担がかかり身体はリラックスできません。

なので枕の高さはとても重要です。

ピッタリ合った枕で寝られるよう、ポイントとなる枕の高さの選び方や調整方法などをまとめました。

スポンサードリンク


枕の高さが肩こりや頭痛を引き起こす?

枕の高さが合っていないと、肩こりや頭痛などの原因になります。
高さが合わない枕を使っていると、以下の症状が出ることもあります。
今使っている枕が当てはまるか、チェックしてみて下さい。


<高過ぎる枕>

首の下に隙間ができてあごをひいた状態になるので、首や肩の筋肉に負担がかかり、のども圧迫されます。

目覚めた時に首の痛みや肩こりを感じたり、気道を圧迫しているのでいびきの原因になります。


<低すぎる枕>

あごが上がって首が不安定になるので寝違えを起こしやすく、首や肩の緊張からコリを感じます。

また頭が低くなることで頭に血流が行きやすくなり、寝ている時にのぼせた状態になってしまい、ぐっすり眠れなくなります。

そのため、朝起きた時に頭が重かったり、頭痛を感じることがあります。

枕をしているのに、自分の手を頭の下に入れたり、枕を二つ折りにするのは枕が低すぎるためで、知らないうちに枕をはずしてしまうのは、枕が高過ぎるせいです。

こういったことも、自分の枕を見直すポイントになりますね。


枕の高さの選び方~自分に合った高さとは?

身体に余計な負担をかけずに疲れを回復させるためには、自分にあった高さの枕を選ぶことが大切です。

人の首の骨はカーブしているのが自然です。

立っている時の首のカーブと、横になった時の首のカーブが同じだと快適に眠ることができます。

横になった時に首すじのカーブを埋めるのが枕の高さとなり、枕の選び方では最も重要になる部分です。


<枕の高さの測り方>

壁に背をつけて立ち、軽くあごを引いた時の後頭部から首の間で、1番壁から離れた距離が枕の高さになります。

枕の高さは性別や体型、寝る時の姿勢でも違いがあって個人差が大きいですが女性の平均は3cm、男性では4cmが平均です。

枕の大きさは、寝返りしても頭が落ちないよう支えるには、横幅60センチcm以上、奥行き40cm以上必要です。


テンピュール枕に使用されている低反発素材は、もともとNASAによって開発された素材です。

体温と体重を敏感にキャッチして、ゆっくりと体の形状に合わせて沈み込みます。
   ↓   ↓




高さの調整ができるウレタンシートがついていて、素材も選べる京都西川の枕。
   ↓   ↓


寝方や体型など、人によっていろいろです。

自分に合った枕がどうしても欲しいという場合は、お店で実際に横になって試してみるのがオススメです。


スポンサードリンク


枕の高さの調整方法【動画でご紹介】

自分に合った枕を探しだすまで、今ある枕をなんとかしたいという人のために枕の高さの調整方法をご紹介しておきます。


<今の枕が高いという場合>
肩の下にタオルを敷いて肩の位置を少し高くして、枕との高さの差を埋めるようにします。


<今の枕が低いという場合>
枕にタオルをプラスしていきます。

理想的な枕の高さがわかる動画です。
   ↓   ↓

最近では枕の素材も豊富にありますが、選ぶ際には、柔らかすぎる枕はさけましょう。

極端に柔らかい枕は、頭を置いた時に深く沈みこんでしまいます。
そして頭部を安定させようと、首や肩周辺の筋肉が力をいれた収縮状態になります。

筋力は長く続かないので、寝返りを頻繁にうつようになります。
さらに沈み込んだ頭を動かす時には、首周りの筋肉に多くの負担がかかります。

ですから、柔らかい枕は選ばないようにしてくださいね。


枕の高さ・・・まとめ

疲労を取るはずの睡眠なのに、高さが合わない枕で寝ていると、かえって身体に負担がかかってしまうんですね。

最近では”枕難民”という言葉ができるほど、ピッタリ合った枕を探す人が多いようです。

理想の枕を探す上で重要なのは、枕の高さということがお分かりになったと思います。

今日の記事を参考に、枕選びをしてくださいね。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑