ブーツの収納の仕方 カビ防止のお手入れと湿気を防ぐには

*公開日: 

fashion_boot_long

ブーツは、秋冬をオシャレに過ごす大事なアイテムですね。

オフシーズンになったらきれいにお手入れして来シーズンまできちんと収納しておきましょう。

来シーズンもブーツを快適に履くために、収納前のブーツのお手入れや湿気を防ぐ収納の仕方などをまとめました。

スポンサードリンク


ブーツの収納の仕方~まずはカビ防止のお手入れ

冬に大活躍してくれたブーツも春になったら収納しなければいけませんね。

お手入れせずにそのまま収納してしまうと、カビが発生してしまいます。
そうならないために、必ずお手入れしてから収納しましょう。

カビ防止のお手入れの仕方をまとめました。

1)ブラシで表面、靴底の汚れを落とします。
ブーツに汚れがついているとカビの栄養となってしまいます。
特に天然皮革は素材そのものがカビの好物であるたんぱく質なので、より注意して汚れはしっかりと落としておきます。

2)数日間陰干しして、しっかり乾燥させます。
天然皮革は、湿気を吸いやすい性質があるため、表面を触って乾いているようでも、乾ききっていないことがあるのでしっかり乾燥させましょう。

3)内側をアルコール除菌します。
雑菌の繁殖を防ぐため、アルコール除菌をします。
専用の除菌スプレーをするか、除菌ができるアルコールウェットシートなどでインソール(中敷き)や内側を拭きます。

つま先部分は割り箸などを使って拭き取ります。

4)外側の皮革にブーツ専用クリームを塗ります。
乾燥による皮革のヒビ割れを防ぐため、油分を補っておきます。


来シーズンに気持ちよくブーツを履くためにも、必ずお手入れをしてから収納してくださいね。


ブーツの収納の仕方と湿気を防ぐ場所

お手入れの終わったブーツは、なるべく湿気の少ない場所に形がくずれないよう収納するのがポイントです。

ブーツは折らずに立てて入れておくのが傷めない収納の仕方です。

玄関のシューズボックスに余裕があれば、型くずれ防止のブーツスタンドを使いそのまま収納します。

ただし、玄関のシューズボックスは湿気がたまりやすいので、除湿剤を置いたり、時々扉を開けて通気をよくしておく必要があります。

シューズボックスに入らない場合は、室内の湿気を防ぐ高い場所に収納します。押し入れやクローゼットの上段が最適な場所です。

洋服ダンスや本棚の上など、高い位置で空いているスペースを利用してもいいですね。


【収納の仕方】
1)ブーツ購入時の紙箱がある場合は、型くずれを防ぐブーツキーパーを使いその箱にねかせて収納。

紙製の箱は一定の通気性が確保されるので、中のブーツに影響は少ないです。

2)通気性の良い不織布のケースや巾着袋+ブーツキーパー。
不織布制の袋は場所をとりませんが、きちんと形を保ってくれるブーツキーパーは必需品です。


ブーツキーパーは、除湿・脱臭効果のあるものを選ぶと安心ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

炭草花 BOOT KEEPER ロング
価格:2160円(税込、送料別) (2016/11/23時点)


ブーツに限らず靴の収納には通気性がとても大事なので、ビニールで密封するのは絶対にやめましょう。


スポンサードリンク


ブーツの収納の仕方~普段のお手入れと片付け

ブーツはオフシーズンに収納する際のお手入れは必ず必要ですが、普段のお手入れも大切です。

皮革や合成皮革ブーツは普段のお手入れで、型くずれや表面の傷み方が違ってきます。

ブーツを買ったら履く前に、皮革用の防水スプレーをかけておくと水や油などの汚れがつきにくく傷みにくい靴になります。

ブーツを履く基本は、毎日同じブーツを履き続けないで、お休みさせてあげることです。その方が長持ちします。

ブーツは通気性が悪く湿気が抜けにくい構造なので、脱いだら陰干ししてしっかり乾燥させます。

ブーツ専用の除湿剤もあるので、入れておくのもいいですね。


ところで、シーズン中は出番が多いブーツを玄関に出したままという人も多いと思います。シューズボックスに立てたまま入らない場合は、なおさらですよね。

玄関に立たせておきたくても、ブーツを履いた後シワがよって、今使っているブーツホルダーではブーツが自立しないで困っている、何より型くずれが気になるという人もいるでしょう。


ブーツのシルエットをキレイに保ってくれるのがこちらのブーツキーパー。
   ↓  ↓


これならブーツの形を保ってくれるし、ブーツがきちんと立つので並べておいても見た目もいいですね。


ブーツの収納の仕方・・・まとめ

シーズンオフのブーツの収納の仕方についてお伝えしました。

次のシーズン、出した時にカビが生えていたということのないように、キレイにお手入れしてから収納しましょう。

収納場所もなるべく湿気を防げる所を選び、お気に入りのブーツをキレイな状態で少しでも長く履けるよう、お伝えしたことを実践してみて下さいね。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑