ウェディングドレス試着の注意点|予約は必須 必要な物は?

*公開日: 

%e6%96%b0%e9%83%8e%e6%96%b0%e5%a9%a6

結婚式の日取りと式場が決まったら、次は大事なウェディングドレス選びです。

特別な日のドレスを選ぶのは楽しみですよね。
一方で「試着はいつから行くの?」「必要な物はあるの?」など、初めてウェディングドレスの試着に行く時には不安もあるでしょう。

そこで、ウェディングドレスの試着に行く時の注意点や必要な持ち物についてお伝えします。

スポンサードリンク


ウェディングドレス試着の注意点 試着はいつから?

結婚式の日取りと式場が決まったら、次はウェディングドレスの試着に行くタイミングです。

各式場ではドレスショップと提携しているところがほとんどなので、式場が決定したらショップを紹介してくれます。

*試着はいつから?
多くの花嫁さんは、挙式日の約6ヶ月前からドレス選びを始めます。

ドレスにこだわりたい花嫁さんや、春や秋など挙式数が多いシーズンに結婚式を迎える花嫁さんは、できるだけ早めに試着をスタートさせてください。


*試着の回数は?

一回の試着で決まってしまう人や、何度も試着に訪れる人とさまざまです。
特に試着の回数は決まっていないので、納得できるまでドレス選びをしましょう。

ただし、挙式3ヶ月~2ヶ月前にはドレスを絞リ込みましょう。

ドレスが決まらないとお花やヘアメイクなども決まらず、準備が滞ってしまうことにもなります。

ドレスが決定していると、サイズ直しなどもスムーズに行えて、挙式直前にバタバタすることもありません。


ウェディングドレス試着 予約の時に確認すること

ドレスショップや会場の試着は、ほとんどが予約制です。
予約なしでも試着ができるショップもありますが、予約を入れた方が、スタッフからゆっくりとアドバイスを受けられるので安心です。

土日祝日の予約はすぐにいっぱいになることもあるので、試着する日を決めたら、早めに予約しておきましょう。

予約の時に確認しておきたいことは、写真撮影が可能がどうかと、試着の所要時間です。

1回の試着には、2~3時間かかります。
ショップごとに所要時間も異なるので、試着の前後に予定を入れる場合などは予約の時に聞いておくといいでしょう。

ドレスショップからは、挙式日・挙式会場(挙式スタイル)・サイズなど聞かれることが多いので、あらかじめ確認しておきます。

ウェディングドレスを選ぶのは楽しい反面、試着を繰り返すのは、気力も体力も使います。

どんなウェディングドレスが着てみたいのか具体的にイメージしておくと、限られた時間内でも選びやすくなります。

反対に、これだけはNGというポイント(二の腕が太く見えるドレスは避けたい・・・etc)をあげておくと、スタイリストさんが希望に沿ったドレスを提案してくれるはずです。


スポンサードリンク


ウェディングドレス試着の時に必要な物は?

ウェディングドレスドレスの試着当日は、前開きで脱ぎ着しやすい服装がおすすめです。

ドレスを試着する時に必要な物やあったらいいアイテムをまとめました。

*カメラ
写真は、正面(全身、上半身のアップ)、後ろ、横(両側)を撮っておくと、迷った時、客観的な目で選ぶことができます。

*ストッキング
ドレス用のパンプスを履くので、ストッキングは必須です。

*ストラップがとれるインナー
下着はストラップが取り外しできるものをつけていきます。
ショップによっては、ブライダルインナーを貸してくれるところもあります。

*ダッカールなど、髪を留めるもの
髪をアップにアレンジしてくれたり、ピンやゴムを貸してくれるショップもありますが、念のためダッカールなどを持参しましょう。

*会場のパンフレットor写真
ドレスは、会場の雰囲気とマッチするかも重要です。

挙式を行う式場の提携ドレスショップであれば、担当スタッフもパーティ会場の規模や雰囲気も知っているので必要ありません。

もし、レストランや海外・リゾートなどで行うなら必要になります。

*気に入ったドレスの雑誌切抜き


最後に、試着には誰と行くかですが・・・

新郎と一緒に行く人、母親、姉妹、友人と一緒にという人もいます。

同行者は、花嫁さん自身がリラックスして試着に望める人や、ドレス姿を見て率直な意見を言ってくれる人がいいでしょう。

新郎と一緒に行く人も多いですが、ドレスに興味のない男性だと長時間の試着に飽きてしまってケンカになるという話もよく聞きます。

ドレス選びに迷いそうなら、数着までドレスを絞ってから新郎と一緒に試着に行くのがいいかもしれません。


初回の試着で気に入ったドレスがあれば、申込金を払い契約します。
これでドレスの取り置きができます。

同じショップ内で取り置きのドレスの変更は可能です。
あとで気に入ったドレスがあれば変更できます。


ウェディングドレスの試着・・・まとめ

ウェディングドレスの試着に行く時の注意点や必要な物などをお伝えしました。

結婚準備の中でもドレス選びは楽しいものですが、体力と気力を使うので意外に疲れます。

1日に何件もドレスショップをまわると、試着疲れでどれも同じようなドレスに見えて、判断できなくなります。

ドレスの試着は無理のないスケジュールで行ってください。

良いドレスに出会えるといいですね。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑