乳歯の生え変わり時期とグラグラの時の抜き方 抜けない時は?

*公開日: 

akachan_ha_nyuushi

子供が6歳頃になると、乳歯が抜け始めます。

改めて子供の成長を感じる時ですよね。

乳歯がグラグラし始めてから抜けるまでは、親も子供も気になる日が続きます。

食事の時に痛がることがあると、早く抜いてあげたくなるかもしれません。
が・・・無理は禁物です。

そこで今回はグラグラしている乳歯の抜き方、また抜けない時の注意点をまと
めました。

スポンサードリンク


乳歯の生え変わり時期について

個人差はありますが、乳歯の生え変わりの時期は6歳頃から始まります。

乳歯が抜けた場所から順に永久歯が生えてきて、12、3歳頃までに生え変わっていきます。

*乳歯が抜ける順番
乳中切歯(にゅうちゅうせっし)という下の前歯から抜けていきます。

そのあと乳歯の後方に6歳臼歯(6さいきゅうし)と呼ばれる新しい永久歯の奥歯が生えてきます。

このはじめに生えてくる6歳臼歯(第一大臼歯)は噛む力が強く、歯並びや噛み合わせを決定する重要な歯です。

生えてくる途中は手前の乳歯より背が低く、歯ブラシが届きづらいので、虫歯にならないよう、仕上げ磨きをしてあげてくださいね。


*乳歯から永久歯への生え変わり
乳歯の下にある永久歯はあごの中で徐々に成長し、永久歯の根の形ができ始めると乳歯の下の方へ動き始めます。

永久歯が乳歯の根の近くまで来ると、乳歯の根の部分が少しずつ溶かされていきます。すると乳歯がグラグラして抜け、その後から永久歯が生えてきます。


下のイラストは、乳歯の生え変わりの時期の目安です。

歯のイラスト
2016-12-09_02h44_18


生え変わりの目安よりもかなり早い時期に乳歯がグラついている場合は、打撲で折れていたり、虫歯などで割れている可能性があるので、小児歯科を受診することをおすすめします。

また反対に、生え変わりの時期なのに乳歯が抜ける気配がなく心配という場合にも、小児歯科を受診してみてください。レントゲンで永久歯がどんな状態か確認することができます。


乳歯がグラグラの時 自宅での抜き方

生え変わる時期にグラグラになった乳歯は、ほとんどの場合はポロッと自然に抜けます。

しかしグラつき始めた乳歯が自然に抜けるまでには、ある程度の時間がかかります。 早い時期に無理に抜いてしまうと、歯茎が避けたり歯の根っこが折れたりするので注意してください。

軽く引っ張っただけで抜けそうな状態にまでなっているなら、抜いても大丈夫です。

*乳歯の抜き方

1)グラグラしている乳歯をガーゼで包む。
2)その上から乳歯をつまみ、真上(真下)に引っ張る。
3)血が止まるまで、ガーゼや脱脂綿を当てしっかり噛んで10分位そのままに しておく。

抜いた後に腫れたり痛みが続くようなら、小児歯科を受診してください。


と、ここまで書いて、娘の乳歯を初めて抜いた時のことを思い出しました。
私は、ガーゼの代わりに子供のプチタオルを使いました。

歯を抜くなんて初めてのことで、娘は多少緊張したかもしれませんが、私がグラグラの歯をタオルで包んで引っ張ると、あっさり抜けました。
本人も拍子抜けするくらい・・・(^^)

以来、我が家ではその時使ったプチタオルを”魔法のタオル”と呼び、娘も少し大きくなると、そのタオルを引っ張り出して自分で抜いていました。


スポンサードリンク


乳歯の生え変わり時期なのに抜けない時は?

乳歯の生え変わりの時期なのに、乳歯が抜けないという場合があります。

乳歯が抜けない理由はいくつかありますが、主なものをまとめました。

*乳歯の根が残っている
乳歯の根は溶けて永久歯に生え変わりますが、根が残ってしまうと乳歯は抜けずに永久歯が横や後ろから生えてくることがあります。

乳歯が揺れていない場合は、歯医者で抜歯してもらいます。

*乳歯が歯茎に食い込んでいる

永久歯が近づいてくると、永久歯の方へむかうように歯茎に入っていく乳歯があります。

永久歯が生える妨げになるので、歯医者で抜歯してもらうことになります。

*乳歯の下に永久歯がない
もともと永久歯がない「先天性欠如歯」の場合。
乳歯が生え変わるのための永久歯が存在しないので、乳歯の根が溶けずに乳歯が残った状態です。

原因はまだわかっていません。
乳歯の状態によって、治療内容が変わってきます。


乳歯の生え変わりの時期には個人差があります。

ただし、生え変わる時期でも乳歯が1本も抜けていないとか、乳歯が抜けたあと永久歯がなかなか生えてこない場合などは、小児歯科の受診をおすすめします。


*小児歯科
子供は、身体の成長と共に歯やあごも日々成長しています。
大事な乳歯の生え変わりもあります。

小児歯科では、そういった子供の成長を踏まえて治療や予防を行ってくれます。

歯のトラブルがあってからではなく、乳歯が生えたら定期的に小児歯科に通うようにすると、子ども自身も慣れて、治療が必要になった時にも手こずらずに済みます。


乳歯に関する・・・まとめ

乳歯の生え変わりの時期に注意したいことやグラグラになった乳歯の抜き方などをお伝えしました。

乳歯の生え変わりの時期や順番は個人差が大きいので、周囲の子と比べても早い、遅いの違いはあります。

ただし、すごく早い時期にグラグラしている、あるいは生え変わりの時期なのに全く抜ける気配がないなど心配なことがあれば、小児歯科へ行くことをおすすめします。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑