カーテンの選び方 女性の一人暮らしの防犯面では遮光がおすすめ

*公開日: 

一人暮らしを始める際、アレコレ準備するのも楽しいものですよね。

準備が必要なものにカーテン
があります。

インテリアだけでなく、女性にとっては防犯面から考えても大切なカーテンは引っ越したその日から必要です。

大切なカーテンを、買い換えなくてはいけないなんていう失敗はさけたいです
よね。

一人暮らしの女性がチェックしておきたいカーテン選びのポイントをまとめま
した。

スポンサードリンク


カーテンの選び方 女性の一人暮らしの防犯面では?

一人暮らしをする女性にとって、カーテンは防犯面でも重要な役割があります。どんな人が生活しているのか覗かれないようにしなければなりません。

一人暮らしを準備する中で、女性らしい色のカーテンを選ぶのを楽しみにして
いる人もいるでしょう。

ですが、女性の一人暮らしとわからないように、ピンクや可愛らしい柄のカー
テンは避けましょう。

防犯面から考えると、一人暮らしの女性は遮光カーテンを選ぶことをおすすめ
します。

普通のカーテンは、夜に部屋の照明をつけると窓際で人の影が透けて、外から
動いている影が見えてしまうこともあります。

外から見られているかもしれないと思ったら、安心して生活できないですよね。

遮光カーテンを使うことでプライバシーが守られ、外から覗かれる心配は少なくなります。


カーテンの選び方 遮光カーテンがおすすめ

遮光カーテンは、光をさえぎるのを目的としたカーテンです。

生地に黒糸を織り込んでいたり、生地の裏にアクリル樹脂コーティングをして
繊維の隙間を埋めて、光をほぼ通さないようにしたのが遮光カーテンです。

遮光性能によって1~3級に分けられ、最も遮光率(光を遮る性能)が高く、外
にも光をもらさないのが1級の遮光カーテンです。

動画を見ていただくと、等級により遮光性に違いがあるのがよくわかります。


【遮光カーテンの種類】

遮光の3級から2級、1級になるにつれて生地が透けていないですね。

遮光1級カーテンは遮光効果が高い一方、それが暗すぎるというデメリットにもなるということを知った上で、等級は決めてくださいね。

また生地の色によって遮光等級が違ってくるので、遮光カーテンを選ぶ時には
注意が必要です。

最近は、表地がかわいいプリント柄の遮光カーテンもありますが、窓を開けた
時に翻って女性の部屋とわかってしまうこともあります。

一人暮らしの女性には、なるべく落ち着いたシックな色をおすすめします。

そして、周りからの光のもれを防ぐためにも、カーテンのサイズは窓枠よりも
少し大きなものを選んでください。(詳しくは3章で)

また遮光カーテンとセットで選んで欲しいのが、外から部屋の中が見えにくい
ミラーレースカーテンです。


ミラーカーテンには、昼だけ光を反射させて部屋の中を見えないようにするタ
イプと、昼と夜のどちらも効果があるタイプがあります。

夜も効果のあるミラーカーテンは、日中、部屋の中からも外が見えづらくなり
ます。 生地も少し厚手になるので、風通しが若干悪くなります。

一人暮らしの女性は、休日でも夜までレースカーテンにしておくことはまずな
いですから、昼だけ目隠し効果のあるミラーレースカーテンで十分でしょう。


スポンサードリンク


カーテンの選び方 サイズの測り方

カーテンを選ぶ時、失敗したくないのがサイズです。

せっかく買ったカーテンが長さが足りなかったり、引きずるほどの長さでは、
がっかりですよね。

部屋の下見の時に巾(レール巾)と丈をキチンと測っておきましょう。

【巾】レール端の固定リングの中央から中央までの長さを測り、
   3~5%のゆとりを持たせます。(200cmx1.05=210cm)
【丈】掃き出し窓(床まである窓)と、出窓
    ⇒ 床までの長さから1cmマイナス
   腰窓 ⇒ 窓枠の下までの長さに15~20cmプラス
※レースはそれより1cm短くします。

既製品を購入する場合も採寸を目安に検討すると、失敗がありません。


カーテンレールによってカーテンの取り付け方が違います。
レールが見える「天井付け」と、カーテンでレールを隠す「正面付け」があり
ます。

フックには、天井付け用のAフック、正面付け用のBフックがあり、既製品のカ
ーテンには、どちらにも使えるアジャスターフックが付属でついてる場合が多
いです。

調整する場合はカーテンの長さが数cm上下するので、確認してから購入してく
ださいね。


(女性用)カーテンの選び方・・・まとめ

一人暮らしを始める女性のカーテンの選び方についてお伝えしました。

外から覗かれる心配の少ない遮光カーテンが、防犯面から考えてもおすすめで
す。 

プライバシーをしっかり守って、防犯の意識を常に持つことが大事です。

カーテンの種類やサイズなどポイントを押さえて、納得のいくものを揃えまし
ょう。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑