目の下のクマを消すには? 色の違いでわかる原因と解消方法

*公開日: 

目の下のクマは、疲れて見えたり老けて見えるのでとても困りますよね。

クマにはいくつか種類があり、それぞれ原因も違えば解消法も異なります。

まずは、自分のクマがどんなタイプか、しっかり見極めることが大切です。

自分のタイプを知って、効果的なケアでクマを解消してくださいね。

スポンサードリンク


目の下のクマを消すには? 色で違う原因

お肌の悩みの中で多いのが、目の下のクマです。

クマには色別に3つの種類があります。
それぞれ原因と解消法が違うので、タイプにあったケアをする事が、クマを消す早道とも言えます。

以下が、3つのクマの特徴と原因です。

<茶クマ>
目の下に茶色く広がっています。
下まぶただけでなく、上まぶたや目の周り全体が茶色っぽくなっていることもあります。

主な原因は、色素沈着です。
紫外線によるダメージやアイメイクを落とす時にこすりすぎたり、目元のマッサージを強くしすぎるなどの摩擦で、色素沈着は起こります。

今以上に茶クマを濃くしないためにも、スキンケアを見直しましょう。

<青クマ>
目の下にうっすらと青っぽく広がっています。
目の周りに集まる毛細血管が透けて見えている状態で、色白の人に多く見られます。

寝不足や過労、パソコンなどで目を酷使することで、血流やリンパのめぐりが滞ることが原因です。
静脈内に停滞した血液が、薄い皮膚から青っぽく透けて見えているのです。

<黒クマ>
涙袋の下側の脂肪が前に突き出すことで影ができる状態です。

加齢によって目の周囲の皮膚や筋肉が衰えて、下まぶたの脂肪が前に突き出てしまうのが原因です。

目の下の小じわやたるみが気になり始めたら要注意です。
早い人では、30代で黒クマを感じ始めることもあります。

クマの種類と原因がわかった所で、それぞれの解消法を見ていきましょう。


目の下のクマを解消するには~茶クマ

自宅でできるクマの解消法を紹介します。

<茶クマの解消法>

*紫外線対策は万全に

紫外線を浴びるとメラニンが増え、色素沈着につながります。
季節を問わず紫外線は降り注いでいます。
日焼け止めや大きめのサングラスなどで目元の紫外線対策は忘れずに行いましょう。

*アイメイクを落とす時は、強くこすらないように注意します。

コットンにリムーバーをたっぷりつけて、まぶた全体にコットンを乗せます。
数秒たってから、上から下へ一方向に動かします。

マスカラも、専用のリムーバーを含ませたコットンでまつげを軽く包むようにして落とします。

*アイクリームを塗る時も、こすらないようにします。

薬指の腹を使い、目頭から目尻に向かって一方向に指をすべらせてなじませます。

*美白作用のあるビタミンC誘導体配合のコスメでのケアもおすすめです。

*メラニンの生成を抑えるビタミンCを含む食品を多めに摂ります。


スポンサードリンク


目の下のクマを解消するには~青クマ・黒クマ

<青クマの解消法>

*睡眠を十分にとります。

青クマの主な原因である血行不良は、寝不足が原因のことが多いので、睡眠は大切です。

*マッサージや温タオルを当て、血液の流れをよくします。

マッサージは、アイクリームですべりをよくし、薬指でやさしく行います。
強く押したり、こすったりすると色素沈着をおこして茶クマの原因になってしまうので注意します。

*冷えによる血行不良にならないよう、半身浴や適度な運動で身体を温めるようにします。

*血行促進作用のあるビタミンEを多く含む食べ物(青魚やナッツ類)を摂るようにします。

*ツボ押しで血行を促進します。

・眉まわりのツボを刺激

眉頭のくぼみに親指をのせ、眉骨に沿い眉尻の方へ気持ちいいと感じる強さで押していきます。
軽く首をさげて頭の重みを利用すると、より効果的です。

・こめかみを刺激

疲れ目にも効果があるこめかみを、両手の中指で気持ちいいと感じる強さで押します。

<黒クマの解消法>

*アンチエイジング効果の高いアイクリームでケアを

目元のたるみが黒い影になる黒クマは、目元にハリを持たせるスキンケアが必須です。

コラーゲンやヒアルロン酸などが配合されたクリームやパックで目元をケアします。予防するためにも、早めのケアが肝心です。

*目の周りの筋肉を鍛える

目の周辺には眼輪筋(がんりんきん)という表情筋があり、この眼輪筋が衰えるとたるみの原因になります。

<目の周りのエクササイズ>
1 目をギュッと5秒間閉じます
2 目をパッと5秒間思い切り大きく開きます
これを5回ほど繰り返します


目の下のクマ・・・まとめ

大きく3つのタイプに分けられる目の下のクマについて、原因や特徴と一緒に、自宅でできる解消法をお伝えしました。

クマに気がついたら、基本のスキンケアや生活習慣を見直す必要があります。
自分がどのタイプか見極めてからケアを始めてくださいね。

予防のためにも、早め早めのケアをおすすめします。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑