受験生にオススメのシャーペンがコレ!折れにくく詰まりにくい

*公開日: 

韓国での風物詩「パトカーに乗る受験生」
今年もあちこちで見られたようです。

所変われば…ということで、
他所の国のことをうらやんでも始まりません。


日本での受験本番は年明けから。。。

受験生をお持ちのご家庭では、
ラストスパートに向け、さまざまなご苦労を
重ねていらっしゃることと思います。

でも、周りができることって限られるんですよね。

唯一できるのが、受験生本人が万全の体制で
本番に臨めるよう、環境を整えてあげること
…でしょうか。

スポンサードリンク


受験生に使って欲しいシャーペンがデルガード

ところで、受験生の必携品である
”シャーペンの新製品”のことご存じですか?

商品名は「デルガード(ゼブラ製)」と言います。


お父さん・お母さんの学生時代を思い出して
欲しいのですが、シャーペンって芯の長さが
決まっていますよね。

使い込んで芯が短くなってくると、
カチカチやっていざ書こうとしても、
「芯が引っ込んでしまって書けない」ということが
あったと思います。

アレって結構ストレスだったと思います。


また、「芯の濃さ」もマークシートの関係で
何気に重要でしたよね。

でも、「B」とか「2B」を使ってると芯の柔らかさの
関係なのか、簡単に折れてしまう(汗;

普段ならイザ知らず、試験の真っ最中にシャーペンの
芯が折れでもしたら真っ青です。

…それが怖くて「鉛筆」が手放せなかったものです。


漫画の”ゴルゴ13”じゃないけど、闘うための武器が
故障しちゃったら”命取り”ですものね。


それが、先ほど紹介したデルガードは、
『折れないシャーペン』と言うんですから
息子さんや娘さんに使わせない手はないです。


デルガードなら心も芯も折れにくい詰まりにくい

デルガードをおすすめする理由を
挙げてみましょうか。

*強く書いても、濃く塗っても…折れにくい!
*「芯づまり」がおきにくい!

シャーペンにこれ以上何を求めます?
上の2大特長だけで必要十分だと思います。

実はこのデルガード、デビューはちょうど1年前。

メーカーさんは良いことしか言いませんから、
実際に購入して試験で使った受験生はそんなに
多くなかったと思います。

でも、1年が経過して「折れない」が実証されました。
気を良くしたゼブラはラインアップを拡大して来ました。

当初、定番の「0.5ミリ」しか無かったのを今年、
「0.3ミリ」と「0.7ミリ」も発売しました(11月12日)
出たばっかりのホヤホヤです。

ウリ文句は「力を込めても折れない!」・・・です。
自信たっぷりのキャッチコピーだと思いませんか?
「0.5ミリ」の1年間で確信できたようです。


オススメの使い方としては・・・
マークシート用には「0.7ミリ」が鉄板でしょう。
そして定番の「0.5ミリ」も当然準備します。

カラーも全6色ありますので、
「0.5ミリ」と「0.7ミリ」は別カラーにした方が
芯の太さが分かって、使い勝手が良いと思います。


次の章は、替芯についてのお話です。


スポンサードリンク


デルガードなら替芯を選びません|弘法筆を選ばず

「折れにくくて、芯づまりしにくい」デルガード。
受験生のお子さんにはぜひ持たせたいですね。
価格も450円(税別)でお手頃です。

洋服なんかと違って、本番の日に
初めて使うなんてことだけは避けてくださいね。

できるだか早めに購入して、
手になじませておく事が重要です。


・・・ところで替芯の話でしたよね(汗;

結論:芯メーカーを選びません!!(キッパリ)
三菱でも四菱(ダジャレです)でも構いません。

「書の達人」弘法大師みたいですね!

シャーペン本体が「折れにくい・詰まりにくい」の
構造を持っていますので、「替芯」はどこのを
使っても構わないんです。

すごいですね~・・・ゼブラさん。


シャーペンに
「書き味」って言葉があるのか知りませんが、
鉛筆なんかではよく言ってたと思います。

お子さんの好みの「芯」が
そのまま使えるということです。


受験生おすすめシャーペン・・・まとめ

受験道具に「デルガード」を選択したら、
後は、体調管理に気をつけるだけ。。。


時期的に、風邪やインフルエンザには
最大限の注意が必要な季節です。

本人は勿論のこと、
家族も風邪なんかひいていられません。

もう少しの辛抱ですので、
サポートがんばってください。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑