目が紫外線で日焼けした時の症状と病気 防ぐには?

*公開日: 

紫外線から肌をガードするために、日焼け止めを始めとした対策を行っている人は多いでしょう。

ですが、紫外線対策が必要なのは肌だけではありません。

目も紫外線を浴びることで日焼けします。

目が日焼けした時の症状と病気についてまとめました。

また紫外線が原因となるこわい病気にならないよう、紫外線から目を守る対策についてもお伝えします。

スポンサードリンク


目が紫外線で日焼け?症状と病気

目にとって、紫外線は大敵です。

真夏の海岸やスキー場のゲレンデの照り返しで強い紫外線を目に浴びると、次のような症状がでることがあります。

・目が充血する
・痛みがある
・ゴロゴロする感じがある
・涙が出る
・まぶしく感じる

これは、強い紫外線を浴びて角膜が傷つき炎症を起こした状態です。
雪眼炎(せつがんえん)・雪目とも言われます。

雪眼炎の多くは、角膜保護剤の目薬で数日で改善します。

しかし、さらに長い期間、目に紫外線を浴びてダメージを受け続けると病気につながることがあります。


< 翼状片(よくじょうへん)>
白目の表面を覆う結膜が目頭から三角形状に黒目に伸びてくる病気です。

放置すると、視力が低下します。


<白内障>
紫外線の蓄積で水晶体が酸化され、次第に白くにごっていきます。

物がかすんで見え、まぶしさを感じやすくなります。


<瞼裂斑(けんれつはん)>
白目の一部が汚れたように黄色っぽくなり、盛り上がってくる病気です。
紫外線や加齢などが原因でできる目のシミです。

ドライアイの原因になることもあります。


<黄斑変性>
加齢に伴う病気ですが、
最近では紫外線の影響が関係していると言われています。

症状は、視野の中心が暗くなる・欠ける、物がゆがんで見える、視力の低下などです。


紫外線を浴びた目に起こるのは、病気だけではありません。

目から入った紫外線によって目の細胞がダメージを受けると、メラニン色素を増やすように脳が指令を出し、メラニン生成が促されることがわかっています。


目の日焼けを起こす紫外線を防ぐには?

目の日焼けを防ぐには、肌と同じように目にも紫外線対策を行うことが大切になります。

対策として、
・つばの広い帽子をかぶる
・日傘をさす
・UVカット機能付きのサングラス・メガネをかける

などがあります。

中でも有効なのが、UVカットのサングラスやメガネをかけることです。
コンタクトレンズもUV加工されたものを選びます。

瞳は色の濃さに比例して瞳孔が開きます。
色の濃いサングラスは、瞳孔が拡がって紫外線が入りやすくなります。
サングラスは色の薄いものを選びましょう。

ただ、サングラスは正面からの紫外線には有効ですが、側面から入りこむ紫外線は防ぎきれません。

そのためフレームまたはレンズ面が大きく側面にもフィットするようなカーブがついたタイプのサングラスがおすすめです。

スキマがあるサングラスしか持っていなくても、つば広の帽子を一緒にかぶったり日傘と併用すれば、効果的な紫外線対策になります。

屋外でのスポーツをする人は、スポーツ用のサングラスで紫外線対策をしましょう。

紫外線は浴びるほど目の中に蓄積されるので、日常的に眼を守ることが大切です。


スポンサードリンク


目と紫外線の関係・・・まとめ

紫外線が目に与える影響についてお伝えしました。

長年の紫外線の蓄積が、さまざまな目の病気の原因になります。

紫外線は季節を問わず、降り注いでいます。

1年を通して、肌とともに目の紫外線対策を怠らないようにして下さい。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑