豆まきに使うのは大豆それとも 落花生?由来と正しいやり方

*公開日: 

節分といえば、豆まきですネ。

豆まきに使う豆も大豆だけでなく、
落花生派も増えています。

あなたのお宅は
どっちでの豆まきでしょうか?

豆まきの由来も
わかりやすくご紹介しています。

スポンサードリンク


豆まきの豆は大豆と落花生どちらを使いますか?

節分と言えば豆まきですね。

この節分にまく豆ですが地域性があって、
大豆をまく地方と落花生をまく地方がある
というのはご存知でしょうか?

北海道、東北、信越地方と九州の一部では、
落花生をまくという風習が定着しています。


私は関東の生まれなので、
子供の頃は大豆で豆まきをしていました。

豆まき=大豆で、
他にまく豆があるなんて考えもしませんでした。

夫の転勤で東北に住んだ際、
豆まきに落花生をまくと聞いて、
ちょっとしたカルチャーショックを
受けたことを今でも覚えています。

でも、落花生ならまいた後に拾いやすいし、
殻に覆われてるので中身も食べられるからと
ママ友に聞いて「こりゃ すばらしい」と
ガッテンしたものです。


節分が近づくとスーパーの店頭には、
鬼のお面つきの落花生がドドーンと並び、
煎った大豆の姿を見ることはありませんでした。

・・・そんなわけで、我が家の子どもたちは
落花生の豆まきしか知りません。


各地域やご家庭により、まく豆は
大豆や落花生あるいは小袋入りの豆菓子など
いろいろあると思います。

子どもは好奇心旺盛なので
「なんで豆まきするの?」って
根ほり葉ほり聞いてこないとも限りませんネ。

そんな豆まきの由来を次章にまとめましたので
参考にされて下さい。


豆まきの由来は中国伝来?願いは一つ家族の平安

古い暦では冬至から数えて45日めが立春で、
立春の前日が節分です。

豆まきはもともと中国で行われていた行事で、
日本に伝わったのが奈良時代で、平安時代には
宮中行事として根付いていったようです。

民間に広まるのは、江戸時代になってからです。


豆まきの由来となった
宮中行事の1つの「追儺(ついな)」は、
鬼の面をかぶった者が屋敷中を追いかけられる
という儀式でした。

恵方巻き・鬼は外
鬼は邪気やわざわいの象徴とされ、
災害や病気などの出来事は鬼の仕業と
考えられてきました。

鬼を追い払うのに豆が使われるのは、
「豆」が「魔滅(マメつ)」に通じることからとされています。

豆まきには穀霊が宿ると言われる大豆を煎って使い、
これを「福豆」と言います。


また豆まきのあと、
年の数だけ(満年齢+1)福豆を食べて、
その年の無病息災を祈る風習があります。

今の私は、年の数を食べたら間違いなく
お腹をこわしますが(腹滅)・・・(T_T)


豆まきの由来にガッテンしていただいたら、
次は豆まきの正しいやり方ですネ。


スポンサードリンク


豆まきの正しいやり方はどうなの?|わが家流でOK

豆まきは、地方によってもやり方はさまざまです。

またご家庭によっては、
いろいろと楽しく豆まきをしていると思います。


ここでご紹介するのは、
正しいやり方の一つのご参考です。

1)煎った大豆を使います
2)豆まきは夜に行います
3)豆をまくのは、本来は家長の役目です
でも、大抵パパは鬼役ですよね(^^)
4)窓を開けて「鬼は外!」と2回豆をまき
鬼が戻らないように窓を閉めてから
「福は内!」と2回まきます

5)奥の部屋から順番に鬼を追い出すよう
にして最後は玄関まで撒きます。

*口上、回数、順番などは地方によって異なり
珍しい事例もたくさんあります。


豆まきが終わったら、
自分の年齢よりも1つ多く「福豆」を食べます。

福豆にお茶を注ぐ「福茶」にしてもOKですよ。
その時は一緒にこんぶや梅干しも入れると
運気アップMAX間違いなし。。。


豆まきは大豆と落花生どっち?・・・まとめ

豆まきに大豆を使う地域と落花生を使う地域は
約半々というところです。

落花生といえば千葉県、
生産量8割でダントツ日本一です。
でも、節分の豆まきは落花生じゃなかった。。。


大豆には由来があり、
落花生には合理的な理由がありました。

どちらを使うにしても、
元気よく豆まきをして、福を呼び込みましょう。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑