雛人形の選び方のポイントは?着物の種類や値段の違いまで

*公開日: 

3月3日は桃の節句、ひな祭りですネ。
ひな祭りに雛人形は欠かせません。

初節句を迎えるお宅では、
どんな雛人形を揃えてあげればいいのか

悩んでいるかもしれませんね。

雛人形の種類の違いなど、
雛人形を選ぶ時の押さえておきたい
ポイントをまとめました。

スポンサードリンク


雛人形の選び方のポイントをどこにおく?

3月3日のひな祭りに、
女の子の健やかな成長を願って飾る雛人形。。。

最近の雛人形は
タイプもさまざま、値段もいろいろです。

選ぶポイントを、
*雛人形の飾り方の種類
*人形自体の種類
*お人形の値段

に分けて見ていきましょう。


雛人形の飾り方には次の種類があります。

【段飾り】
・七段飾りが一番豪華で、
七段に雛人形を15人とお道具を飾ります。
・他に五段飾り、三段飾りとあります。

・七段飾りでは大きすぎる…
ということから生まれたのが三段飾りです。
三段飾りは男雛・女雛・三人官女の5人とお道具です。

【親王飾り】
3段飾りをさらに簡素化した飾りで、
親王(男雛・女雛)だけを平面的に並べる飾り方です。

【収納飾り】
・桐箱が飾り台にもなり、
おひなさまを収納する箱にもなるタイプです。
・お人形は親王(男雛・女雛)のみと、
官女を含めた5人など様々あります。

【ケース飾り】
透明のガラスやアクリルケースに入っているタイプで
雛人形をケース自体に接着しているものが多いです。


雛人形の飾り方を選ぶ上で大切なのが、
家のどこに飾るかということと、転勤などで
引っ越しの予定があるか
ということです。

また、雛人形の収納するスペースも
確認しておく必要があります。

そういった条件を考えると、
家に迎えることができる雛人形の種類も
見えてくると思います。

ひな祭り
引っ越しの多いご家庭には、
個人的には親王飾りをオススメしたいです。
スペースも取らず、出し入れも負担にならないし
お道具で華やかにすることもできます。

雛人形を飾る場所は、
床、チェスト、棚の上などが多いですが、
飾る場所のサイズを測っておき、実際に
人形を見に行く時にはメモを持っていきましょう。


次の章では、
人形自体の種類について説明していきます。


雛人形の着物の種類|お気に入りが一番!

雛人形には、大きく分けて
衣裳着人形と木目込み人形があります。

【衣裳着人形】
・仕立て上げた着物を着せつけた
一般的によく見られる雛人形です。

・お雛様は、京雛と江戸雛で顔立ちが違います。
京雛は高貴な、いわゆるお公家顔で、
目がぱっちりして親しみやすいお顔が江戸雛です。

【木目込み人形】
・木製の胴体に溝を彫り、
そこに布地の端を埋め込んで布地を貼って作リます。
・コンパクトな商品が多く、豪華さには欠けます。

・童顔で可愛らしいお顔が特徴です。


実際に雛人形を選ぶ時は、
お雛様のお顔と全体の雰囲気が好みに合うか
どうかがポイントになります。

お母さんが気に入って、毎年楽しみに
飾り続けることができる雛人形が一番です。
お母さんが気に入にいって買ったお雛様は、
お子さんもきっと好きになるはずですから。。。

飾る場所を考えながら、
上下左右からよく観察して下さい。


候補が絞れたら、お店の人に言って
手に持たせてもらうといいですね。
衣装の手触りや裾の長さ、
綿の量などもよくわかります。

雛人形は、今はベビー用品店や大型スーパーでも
売られていますが、購入する場合は、できれば
人形専門店へ出かけて選ぶのがよいと思います。

専門店であれば、屏風やお道具など気に入った
ものに替えることができるなど、融通が効きます。


雛人形を買う際には予算もあると思うので、
値段の違いについてお伝えします。


スポンサードリンク


雛人形は値段の違いを知って選びましょう

雛人形の値段は、
*人形師の技術
*衣装の材質と技術
*お道具の素材

などによって違ってきます。

【お顔について】
大きく分けると、
*職人手作りのお顔
*型から抜いたお顔

があります。

職人さんが手作業で作るお顔は、
口や目が切り込んであったり、
髪の生え際や眉などに細かい手が入っています。

一方の、型から抜いたお顔は
彫り込みや細かい細工のないものもあります。

【衣装について】
雛人形の衣装の材質には、
*正絹(絹100%)
*化学繊維と絹の混紡
*化学繊維

の3種類があります。

正絹は手触りがなめらかで光沢があり、
化学繊維はごわつきがあります。

【価格について】
*正絹では数万円単位~
*化学繊維は数千円単位~

となりますが、正絹にこだわらずに
お好みの衣装を選ぶのもよいと思います。

また、衣装の着せ方にも種類があります。

えりとそでを貼り付けただけのお雛様は軽く
1枚1枚着物を重ね着しているお雛様は、
ずっしり感があり手に取ってみるとわかります。

【小道具について】
お雛様の持っている扇子の素材は
紙・プラスチック・木など様々です。

開閉のできる扇子だったり、お内裏様の刀も
さやから抜くことができたりなど細かい所で
違いがあります。


雛人形の値段の違いが何によるのか
これでおわかりになったことと思います。


雛人形の選び方・・・まとめ

雛人形を選ぶ時の
押さえるべきポイントをお伝えしました。

雛人形は、
お店で実際に目で見て購入するのが1番です。

また、実際に触らせてもらうことで
わかる部分もあります。

よいお雛様にめぐり会えますように。。。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑