乾燥肌の対策しないと冬場はかゆみがツラい|お風呂が大事!

*公開日: 

冬場の乾燥ってイヤですよね。

何がイヤって…まず、あの”静電気”。。。

静電気
一度でも”バチッ”をやっちゃうと、
例えばそれがエレベーターのボタンだったとすると、
エレベーターを呼ぶボタンを押すのが怖くなります。

なので、エレベーターに乗るときは、なるべく先頭に
立たないようにして、先頭は他の誰かさんに譲るように
しています(賢いでしょ!)。


静電気はそうやって誰かをスケープゴートにできますが、
肌がかゆくなるのは、まだ”妙案”が見つかっていません。

妙案(悪知恵ともいう)はありませんが、対策法はいろいろ
試してますので、それを今日はシェアしていきたいと思います。

スポンサードリンク


乾燥肌対策が必要なのは冬に乾燥する日本全国?

冬に空気が乾燥するのは日本の常識となっていますが、
これって半分正解で、半分は間違いですよね。

正確には、乾燥が著しいのは太平洋側であって、
日本海側に関しては、太平洋側ほどの乾燥はみられません。

これには、背骨のように山脈が走っている
日本列島の地形が関係しています。


つまり、冬に北から降りてくる寒気団のうち、
湿気を含んで重たい部分は、山脈に阻まれて日本海側に
大雪をもたらし、湿気の少ない軽い部分が山脈を越え、
北風となって太平洋側に流れこむのです。

だから、冬時期は空気が乾燥して…っていう話は
日本海側は関係ない話ということになります。


東京~名古屋~大阪(東名阪)は人口も多いですから、
冬場は乾燥肌対策が商売のネタになるのでしょうが、
日本海側の人達までお肌の乾燥対策を心配するのは
間違いだということがお分かり頂けたでしょうか。


乾燥肌対策かゆみの原因は会社や家庭環境のせい?

そうはいっても、太平洋側だけとはいえ、
極端な乾燥により、お肌のトラブルに困っている
人がたくさんいらっしゃいます。

ここからは、お肌のトラブル…特に、乾燥による
かゆみ対策について
触れていきたいと思います。

かゆい犬2
まず、冬場にかゆみがひどくなる原因ですが、
気温が下がってきますので、私達の体は発汗や
皮脂の分泌が低下します。

それに伴って皮膚の表面が乾燥していきます。

皮膚がうるおっているときにはあった皮膚表面の
バリアーの機能も、乾燥することでひび割れが
発生し、その隙間から末端神経が顔を出し、
かゆみを感じる感覚が増大する
ようです。
(日照り続きで干上がった田んぼのような状態)

また、会社や家庭に普及したエアコンも、
この乾燥に拍車をかける存在となっています。


現代人は乾燥肌の危機に、常にさらされているのです。


スポンサードリンク


乾燥肌のかゆみ対策はお風呂で決まる・・・はず!

当然のことですが、かゆい部分をかくのは
やめてください。悪循環を招くだけです。

そのうえで、着衣の工夫や食べ物での対策など、
二次的な対策も必要ですが、今日は直接的な対策に
絞って話をすすめます。


ズバリ、お肌への直接的な対策・ケアについてです。

お肌への保湿に化粧水や保湿クリームを使うのは
当然のこととして、「入浴時のケア」ここに最大限の
注意を払って欲しいと思います。

*入るお風呂は高温にしない(お風呂はぬる目)
*タオルは肌に優しい材質を選ぶ
*ナイロンタオルでゴシゴシはご法度
*石鹸やシャンプーは低刺激のものを使う
*浴室を出る前に保湿クリームやオイルをぬる
 (★これは超オススメです)
*バスタオルの使い方
(こすらずに押さえるようにして水分を取る)


★浴室を出る前に保湿対策をするというのがキモです。


乾燥肌のかゆみ対策・・・まとめ

*冬は日本全国が乾燥するわけじゃない。
*冬の自然乾燥もあるがエアコンの影響も?
*浴室内で保湿ケアがベスト!

かゆみが軽減されることを祈ります。

くれぐれも、かいたりしないように。。。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑