ブーツの臭い原因はこれだ!ブーツの臭いの取り方~消し方

*公開日: 

冬の時期、
足元のオシャレはブーツで決めるという方、
ブーツの中の臭い…気になりませんか?

自分でも不快なあのニオイ。

会社の飲み会で、
ブーツを脱がなきゃいけないお座敷だったら・・・
考えるだけでオソロシイ。。。


そこで、ブーツの中のイヤな臭いを取る方法と
足のケアについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク


ブーツの臭い原因はコレ!アイドルだって…?!

そもそもブーツの中のあの不快な臭いの原因、

・・・それは「汗と雑菌」です。

ニオイ・気になる
足は体の中でも汗が多く出る場所で、
1日にコップ1杯分の汗を出しているといわれます。

しかし、足から分泌された汗自体が
臭っているわけではありません。

ブーツを履いていると、
中は体温と汗により高温多湿になります。

高温多湿のブーツの中では雑菌が繁殖しやすく、
汗や皮脂などをエサに増殖することで、
あの臭いが発生します。

通気性の悪いブーツは、
足の汗が放出されずに常時雑菌が繁殖して、
休むことなく臭いを出し続けているとも
言えるわけです(*_*)


ブーツの臭いを取るには、
ブーツの中で増殖してしまった雑菌を取り去る事と、
足を清潔にしておく事が大事です。

臭いの原因がわかったところで、臭いの元である
ブーツについた雑菌を取る方法と、
臭わない足にするためのケアについて
お伝えしていきますね。


ブーツの臭いの取り方|靴の場合のニオイ対策

ブーツの臭いの取り方です。

【用意するもの】
*スプレータイプの消毒用エタノール
*靴の中に入れる乾燥剤(100均で売っています)

1)ブーツの内側に消毒用エタノールをまんべんなく吹き付けます。
(エタノールを使うのは内側だけです。
 表の革にエタノールがつくと変色する場合があるのでご注意)

2)ブーツの中が乾いたら乾燥剤を中に入れます。
(エタノールは揮発性なのですぐに乾きます)

エタノールスプレーで
雑菌を除去し、乾燥剤を入れて湿気を取り、
ブーツの中で雑菌が繁殖しないようにします。

1度で消臭できない時は、何度か繰り返して下さい。


ブーツの中に臭いがつかないように予防するには、
同じブーツを続けて履かないことです。
ブーツの休日を作るといいですね。

その際は、乾燥剤を入れ、
できれば風通しのよい所で陰干しをします。
また、抗菌防臭の中敷きを使うのも効果があります。


もう1つの臭い対策は足を清潔に保つことです。


スポンサードリンク


ブーツの臭いの消し方|足の場合のニオイ対策

ブーツの臭いの元となり、
雑菌のエサとなるのが足の汚れや角質です。

足の裏は歩くだけでも負担がかかって、
汚れや角質が溜まってしまいます。
古い角質が固まっている時は、
ピーリング剤やスクラブで優しく落とします。

ただし、足のピーリングは週に1度までにします。
過度なピーリングは肌トラブルにつながるので
注意しましょう。


足の臭い対策には、
ボディーソープよりも石けんの方が向いています。

一般的な石けんよりも、足の臭い対策専用の石けん
(フットシャンプー)
を使うと効果的です。

指を1本ずつ、指と指の間も丁寧に洗います。

フットソープは、殺菌力が強いので
足以外の部分には使わないようにして下さいね。


足の雑菌対策としてよく使われるのが
消臭スプレーやクリームです。

中でも、足指クリームが持続性があるようです。

実際に使った人によると・・・
『香りのあるスプレーより
 においの元が消える感じ』だそうです。

   ↓  ↓


消臭スプレーにしても足指クリームにしても
既に汗ばんだり、臭くなってから塗布しても
効果は半減してしまいます。

完全に乾いた足に使用するようにしてください。

また、外出先では、
殺菌効果のあるウェットティッシュなどで
足をふいたあとにスプレーやクリームを使うといいですね。


ブーツの臭い取り方消し方・・・まとめ

ブーツについたイヤな臭いを取る方法と、
雑菌を増やさないための足のケアについて
お伝えしました。

乾燥も困るし、ムレ過ぎも困る。。。
悩みは尽きません ><;

ブーツの臭い・足の臭いが気になる方は
ぜひ試してみてください。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑